« 仕切り直し! | トップページ | 雨上がりポタ »

2005/05/16

残留争いを見て

昨夜は、海外サッカー三昧。

プレミアは最終節で、残留争いのチームの試合が生中継。サウサンプトン対ユナイテッドをメインに見ながらザッピング……とはいえ、金子爺実況アナが他会場の試合経過を報告するので、結局ほとんどチャンネルは変えなかった。

残留を争っているのは4チームで、うち3チームが降格する。得点も失点もハデでドラマチックなゲームをたくさんやったノリッチと、イングランドの青赤クリスタル・パレス、ランパードの叔父さんが監督をしている(というか、シーズン中にポーツマス→サウサンプトンというライバルチームへ移籍しちゃった肝の座った人)サウサンプトンには、残ってほしいという気持ちがあった。稲本が所属するWBAは、たまに試合は見ていたけれど「何だかよくわからないチーム」のままだったので、外野のTV観戦者としては「落ちてもいいや」みたいな認識。やっぱり「頑張るチーム」に自然と感情移入するし、応援したくもなるものだ。

試合は、各会場での得点経過によって、残留チームがめまぐるしく変わる展開に。サウサンプトンは引分けでもダメそうだったのに、ユナイテッドに決められて1-2。試合が終盤になると、悲痛な顔のサポーターがTVの画面に映るようになる。人々の気持ちが具体的なパワーになるのだとしたら、このあとサウサンプトンは勝てたはずだ。でもそうならないのが現実で、フットボールである。

結局、残留を決めたのはWBAだった。本当にフットボールの神様は気まぐれだ。「クリスマスに最下位のチームは降格する」というプレミアのジンクスは破られることになった。

ここでも例によって、降格するチームのサポーターの姿に感情移入してしまうワタクシでありました……。年末、私はこんな表情をすることになるのだろうか。それだけはしたくないぞ。


バルセロナが優勝を決めた試合も見た。ロナウジーニョをはじめとするバルサの各選手は、本当に能力が高い。「攻撃サッカー」というのは、これだけの実力がある個人に支えられてこそ可能になるんじゃないかしらと思った次第。形だけマネしたって、パスミスの山とあらぬ方向へのクロス(シュート?)ばかりでは、得点が入るわけがない。できないのならできないなりに、たくさん走ってしっかり守る地道なサッカーに切り替えるほうが現実的なんだろーなと感じてしまった。


お、スカパーはUEFAカップ決勝を放送してくれるのね! チェルシーモスクワ支店を応援するかな!(笑)

5月15日
走行距離:29.97km
走行時間:2時間10分
平均時速:13.7km/h
最高時速:28.0km/h
積算距離:9767.3km

|

« 仕切り直し! | トップページ | 雨上がりポタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/4148895

この記事へのトラックバック一覧です: 残留争いを見て:

« 仕切り直し! | トップページ | 雨上がりポタ »