« 青赤自転車への道・2 | トップページ | 湧水:国分寺 »

2005/07/21

臆病者のルート探し

臆病者には臆病者なりの自転車ルートの探し方があります。

いちばん手っ取り早いのが、川沿いの道。川だけじゃなくて用水路でも何でもいいんですが、川沿いには遊歩道や自転車道が整備されていることが多いのです。1万分の1地図である程度確認してそれから出かけていくわけですが、行ってみるとオフロードだったということもありました。川沿いの道のいいところは、なんといっても坂がないこと。特に多摩丘陵方面を走る時は、それを実感しますね。自転車生活を始めるまでは、東京多摩地区にこんなに川があるとは思わなかったなあ。

続いては、線路沿いの道。幹線道路よりはずっと狭いけれども、あまり車が通らないきれいな道が平行していることがあります。線路を見失わないようにしていけば、道に迷うこともありません。青梅線や南武線の線路沿いの道はよく利用します。中央線だってあなどれません。高架化されてしまえばまた違ってくるのでしょうが。

あとは、一方通行の道。これは地図を見て探します。車が一方通行になるので、自転車としてはわりと通りやすいのです。ただ、抜け道と知って突っ込んでくるタクシーには要注意。地元の車は徐行してくれても、タクシーはスピードを出しますから。自転車生活を始めてからは、裏道を飛ばすタクシーに乗ると「コワイコワイ」と思うようになってしまいました。

どうしても幹線道路を通らなくてはならない時は、地図を見て幅が広めの道を選びます。こちらのほうが、歩道が整備されている場合が多いからです。昨日も書きましたが「○○街道」は昔ながらの道路のせいか、本当に狭い場合が多いし、歩道なんか人ひとり通るのがやっと。こんなところに出てしまったら、泣きながら車道を必死で走ります。道路は新しいのがいちばんですね。

多摩地区とはいえ都内のいいところは、住宅が多いために細い道がたくさんあること。田舎のほうだとルートが1通りしかない場合もありますが、住宅街を抜けていけば選択肢は無限大です。大規模な団地内の道もけっこう使えます。

決して最短距離ではないし、スピードも出せないけれど、こうしてルートを選んでいれば、私のような臆病者でもあちこちへ自転車で行くことができるようになります。細かい道を通ればそれなりに発見もあるし、もしかしたら臆病だからこそ大きな事故にあわないですんでいるのかもしれないし。ものは考えようで、こんな自転車生活でも充分楽しいのですよ。

*考えてみると、ひたすら怖がっているのはひとりで走っている時ですね。ダンナの後ろを走っていたり、たま~に数人で走ったりする時は「ついていけばいいんだ」という意識が働くせいか、あんまり怖くないような気がします。過去の瞬間最高時速もそういう時に出したような記憶があるし。もっとも、一緒に走り始めても最後のほうではひとりになっていたりするわけですが(笑)。

|

« 青赤自転車への道・2 | トップページ | 湧水:国分寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/5077551

この記事へのトラックバック一覧です: 臆病者のルート探し:

« 青赤自転車への道・2 | トップページ | 湧水:国分寺 »