« 器用な自転車乗り | トップページ | 歓喜の連勝 »

2005/07/17

ピレネーの激闘

ツール・ド・フランスはいよいよピレネーに入った。

最後から2番目の超級山岳を超えるあたりから、レースは俄然おもしろくなっていく。総合優勝を目指す選手たちが動き始めたのだ。ランスも当然、動く。同じグループには、バッソ、ウルリッヒ、ランディスがいる。おぉ、いよいよ活躍すべき人が活躍し始めたのか。ワクワクしながらじっと画面を見つめる。

しかし先頭で逃げるトーチニヒにはなかなか追いつかない。ちぇっ、クイズの答えはランスで出しちゃったのに、このままじゃまた不正解になっちゃうじゃんか。Jスポ解説陣はしきりに「ランスの不調」を口にするが、画面で見ている限りはいつものランスで、バッソやウルりんよりもずっと調子が良さそうだ。結局、ランスは2位でゴール。バッソはよくついていったと思うけれど、2位争いはランスの圧勝だった。クイズはまたハズれたが、トーチニヒの喜びぶりを見ていると素直に祝福したくなった。年齢的にも最後のツール優勝となるだろう。自転車選手をやっていてよかったと思っただろうな。

表彰される順番が違ったので、またも「ランスの具合が悪いのでは?」と解説陣は心配していたが、大変に元気そうなランスが表彰台に登場。フランスのマスコミは「ランスの連覇はムリ」「ランスは調子が悪い」と(いつものように)散々騒いでいるようだが、それに影響されすぎてるのでは? まあディスカバリーのアシスト陣の調子が悪いのは確かだと思うけれど、ランス本人は絶好調に見える。突発的な事故がなければこのまま7連覇を達成しそうだし、ぜひそうしてもらいたいと思う。

1985年からの7年分を収録した「ツール・ド・フランス 7YEARS BOX」が発売されたけれど、来年あたり「ランス 7 YEARS VICTORY BOX」が出そうな気がする(気が早い?)。あと、ダブルツールを収録した「パンターニBOX」もぜひ出してほしいものだ。

関係ないけど、ランスが首からさげているネックレス?はどういうものなんだろう。シェリル・クロウにもらったものかな?

|

« 器用な自転車乗り | トップページ | 歓喜の連勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/5003844

この記事へのトラックバック一覧です: ピレネーの激闘:

» 第14ステージ : やっぱりあんたは宇宙人 [earthhopper]
すごすぎるよ、この人。ほんとに引退するのか? Jスポのコメンタリーのサッシャが、朝青龍を引き合いに出して例えてたけど、相撲の横綱と違うのは,ダントツに強いまま引退しちゃうこと。横綱って大体最後はぼろぼろになって「体力の限界」かなんか言って後進に道を開く人が..... [続きを読む]

受信: 2005/07/17 16:33

« 器用な自転車乗り | トップページ | 歓喜の連勝 »