« ツール開幕 | トップページ | 自転車(を)ダイエット »

2005/07/05

カミカゼビール

多摩地区にも何種類か地ビールがあります。

石川酒造の「多摩の恵」と多摩ブルワリーの「多摩ビール」は何度も飲んでいますが、いちばん近くにありながらも今まで味わう機会がなかったのが「カミカゼビール」でした。

カミカゼビールの工場は、西国立の駅のすぐそばにあります。以前はビアガーデンみたいなお店があったのですが、結婚式もできるというオシャレなフランス料理店に変わってしまい、気軽に行ける雰囲気ではなくなってしまいました。一方の懐石料理店はますます敷居が高いし、ファクトリーのほうは日曜が休みなので行く機会もなく……。だいたい私は一人では外食もできないほどの小心者なので、なかなか平日に食べ歩きというわけにはいかないのです。

p10202841

しかし思わぬところでカミカゼビールを見つけました。昭和記念公園です。しかも生。立川の地ビールですからやっぱり立川で飲みたいもの。それも季節の花々をながめながらいただけるとはかなりポイントが高い。カミカゼビールには「クリームエール」と「アンバーエール」の2種類があるようですが、公園で売られているのはクリームエールだけ。プラスチックの透明なコップに入って500円ですが、クリーミーな泡は無味乾燥なコップであっても健在でした。

しかし昼間にいただくビールというのはおいしいですねえ。公園の売店にはほとんど期待していなかったのですが、デザートも各種用意されていて意外な発見でした。おいしかったし、アンバーエールも飲んでみたいから、今度は頑張ってファクトリーまで行ってみようかな。

そういえば、サントリー武蔵野工場でつくっている「モルツ(丹沢水系)」だってある意味、立派な多摩の地ビールですね。値段的にもいちばん買いやすいビールですし、ほとんどのお店に置いてありますし。購入するときはできるだけ「丹沢水系」を買うようにしているのですが、店によっては置いてなかったりするんですよねえ。

|

« ツール開幕 | トップページ | 自転車(を)ダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/4837805

この記事へのトラックバック一覧です: カミカゼビール:

« ツール開幕 | トップページ | 自転車(を)ダイエット »