« まだまだ木の名前 | トップページ | 湧水:小金井(前編) »

2005/08/15

マラソン中継での自転車

世界陸上の女子マラソン中継を途中まで見た。

なぜ途中までかといえば、プレミアの生中継が始まった瞬間にチャンネルを変えてしまったから。他に見たい番組もなく、いちばん邪魔にならないのがマラソン中継かなと思ったのだ。しかしいつもながら、地上波の実況は本当にうるさいね。

画面をぼんやり見ていて気になったのが、コース内を選手たちと共に走る自転車部隊の存在だった。ヘルメットをかぶって、おそろいのジャケットを着ている。背中にはPOLICEと書いてあったような? 普段からマラソン中継を見ているわけではないが、自転車に乗った警官が併走しているところはあまり見たことがない。日本だったら白バイだよね、たぶん。

私自身、軽い喘息持ちで、排気ガスと煙草の煙ですぐ咳込んでしまうせいもあるが、マラソン選手がバイクや車に囲まれて走っているのを見ると「排気ガスってつらくないのかな~?」と思ってしまうことがあった(自転車レースを見ていても、時々そう感じるけど)。でも、こういう自転車部隊なら排気ガスも出ないし、音も静かだ。日本のレースでも検討してみてはどうだろう?

それにしても42.195キロを2時間ちょっとで走ってしまうマラソン選手というのは本当にすごい。私のママチャリよりも当然速いし、ママチャリで一気に42キロ走り抜くことを考えると何だかヤル気を失う。それを自分の足で走ってしまうんだから、本当にスゴいとしか言いようがない。自転車警官だって、それなりに走れる人じゃないと選手についていくのは大変なんじゃないかと思うね(馬やバイクに乗る専門職の警官はいるみたいだけど、専門の自転車部隊ってあるんだろうか?)。


とまぁそんなこんなで見たプレミアリーグ開幕第1週。私の(笑)チェルシーが土壇場で勝ってひと安心。昇格組のウィガンはとても良かったので、何だかかわいそうなくらいだった。次週は早くもビッグ・マッチで、開幕戦では互いにイマイチだったチェルシー対アーセナル。コミュニティ・シールドの再現を頼むね!

|

« まだまだ木の名前 | トップページ | 湧水:小金井(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/5478132

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン中継での自転車:

« まだまだ木の名前 | トップページ | 湧水:小金井(前編) »