« 綱渡りの日々 | トップページ | 最速マイ自転車は? »

2005/08/28

青赤自転車への道・3

ロードバイク購入物語はまだまだ続きます。

前回前々回ではいかに私が臆病で運動音痴かを説明しましたが、こんな自分でも乗れるロードバイクはあるのでしょうか。

最近は自転車雑誌でも「女性のためのロードレーサー」特集が組まれるようになりましたが、もともと市販ブランドの自転車を買おうとはまったく思っていませんでした。運動が苦手な私にでも乗れるように、ちゃんと組んでもらおうと思っていたからです。

自転車生活を始めてようやく2年ちょっとですが、ロードバイクに乗ってみたいという気持ちは1年以上前からありました。いろいろな種類の自転車に乗ってみて、慣れてみて、自分に合いそうなものがわかってから具体的に行動を起こそうと思っていたのですが、積算距離が1万キロになり、お金も何とかたまって、やっと一歩を踏み出す日が来たというわけです。

自転車の素材はクロモリ。どう考えても私にはカーボンなどの新素材は不釣合いでしょうし、アルミの自転車ならクロスバイクもママチャリもMTBももっているしで、一度クロモリバイクに乗ってみたいと思っていたのです。クロモリの細いフレームの自転車なんて、クラシカルで繊細で上品なイメージで私にピッタリ(嘘)。乗り心地もアルミとはかなり違うそうなので、ちょっと期待しちゃいます。

自転車制作は、いつも(主にダンナが)お世話になっている東村山のdiossにお願いすることにします。小心者なのでひとりで自転車屋に入ることもほとんどないし、細かい部品のこともサッパリわからないので、細かいところはお店とダンナにまかせっぱなし。シマノのほうが(私には)使いやすいでしょう、アルテグラでコンパクトクランクでどーしたこーした……とかいう話は耳を素通りです。私の希望なんて「前傾しすぎないように・スローピングにして・手が小さいので握りやすいのにしてね」くらいなものでございます。

あと、私が口を出せるところといったら色。結局、塗りにこだわれば料金は大幅にアップするけれど、それだけの価値があるということがわかったので、予算オーバーを覚悟で好きな色に塗ってもらうことにしました。自分の名前を入れることも、ちょっとしたマークや飾りを入れることだってできるしね。一生ものの自転車なので、ちょっと贅沢しちゃうのです。

そんなこんなでついに注文。身体中をあちこち計測してピッタリのサイズを出すと雑誌などで読んだような気がするけど、結局、一度もどこも測りませんでした……これで大丈夫なのかな? 何度かお店に行っているし、クロスバイクやママチャリを見てもらっていたりもするので、もうわかっているんでしょーか。ダンナは大丈夫だと言うけれど、本当かなー。うーむ、謎だ。
p10104191

こちらが出来上がったフレームでございます。
(以下そのうち)

|

« 綱渡りの日々 | トップページ | 最速マイ自転車は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/5677590

この記事へのトラックバック一覧です: 青赤自転車への道・3:

» 青赤自転車購入! [Tamon東京 - 東京の少年サッカー]
青赤自転車!購入。と言っても実際の色は桃紫青なんですが、気分は青赤ということでサッカー魂のこもった自転車を買いました。 [続きを読む]

受信: 2005/10/19 03:17

« 綱渡りの日々 | トップページ | 最速マイ自転車は? »