« 多摩川梨 | トップページ | 府中&国立の湧水 »

2005/09/13

9月の多摩湖

相変わらず、多摩湖には地道に通っています。

cimg07031

9月に入って、今度はクサギじゃない香りを感じるようになりました。ちょっと甘酸っぱい、濃厚な香り。確かめてみたら、葛の花でした。少し前まではクサギの花の香りに負けていたけれど、今は葛天国。本当にあらゆる木に葛がからみついているみたいで、その生命力には唖然としてしまいます。今が花の最盛期らしいけど、ひと足先に咲いていた花はもう終わって、こんな実がなっています。なるほどマメ科なんだね、とわかるような実ですね。

クサギにも実がついています。熟すとサヤ(?)の部分が開いて独特な姿になるらしいので、それがまた楽しみ。春に咲き誇っていたミズキの実はこんな感じ。雨の後だと、青いドングリやクリのイガがあちこちに落ちていたりもします。食用かどうかは関係なく、「実りの秋」って本当なんだなと実感する瞬間です。
cimg07061 cimg06311

ホオノキにも、あのでっかい花にふさわしいでっかい実がついていました。検索してみると、漢方薬や民間薬に使えるとのこと。手が届かないので摘むのはムリだけど、次回にでも写真を撮ってこようかと思います。で、ゴメンナサイと思いつつ、葉っぱを1枚失敬してきちゃいました。さっそくキノコを包んで焼いてみます。直火では葉が焦げちゃいそうだったので、朴葉包みのホイル焼きということで……。イヤ~これはうまいね。朴の葉の香りが良くて。キノコなんて年中スーパーに並んでいるのに「秋の味覚」というイメージがあるのが不思議ですが(秋ならではの高級キノコのせいなんでしょうね。私には縁がありませんが)、この時期のおススメツマミかもしれません。

食べ物を包む葉というのはいろいろあって、イイギリなんかもそのひとつだそうです。その名の通り、ご飯を包んでいたとか。この木もわりと近くにあるので、今度試してみようかな~。

|

« 多摩川梨 | トップページ | 府中&国立の湧水 »

コメント

おはようございます。
つぴぃさんって、植物のことすごく詳しいですね。私は食べる植物(山菜)なら少しは・・・ですが、多摩湖を走っていても「キレイな花が咲いてるなぁ」ぐらいしか気づきません。勉強します!

投稿: nuruhati1559 | 2005/09/15 08:17

コメントありがとうございます。
植物ウォッチングはblog開始をきっかけに始めたので、まだまだでございます。初心者用の図鑑を片手に頑張っているところです。自転車の速さや走行距離では勝ち目がないので(笑)、他にできることをやっているだけなのですよ……。

投稿: つぴぃ | 2005/09/20 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/5923637

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の多摩湖:

« 多摩川梨 | トップページ | 府中&国立の湧水 »