« 結果がすべて。 | トップページ | 多摩川梨 »

2005/09/11

浅川沿いを走る

浅川沿いをロードで走ってみた。

考えてみたら、今まで浅川沿いを長距離走ったことはない。高幡不動や多摩動物公園や多摩テックなどに行く時にちょっと使うだけだった。でも、浅川に沿って行けば八王子や高尾にたどり着くということだけは知っていたので、いつか行ってみようと思っていたのだ。

久しぶりの浅川沿いは、キバナコスモス(かな?)が咲き乱れていてとてもきれいだった。

cimg06441

川沿いの道の常として、右岸と左岸のどちらを走るかで快適度はずいぶん違う。先日紹介した「東京・武蔵野自転車マップ」こちらのサイトを参考に、自分の数少ない経験をプラスして頭にルートを叩き込む。大きな橋ごとに右岸へ行ったり左岸へ行ったりと、けっこう面倒くさいことになりそうだけど、やっぱり車は嫌いなのでできるだけラクな道を行きたいのが私なのである。

まずはふれあい橋で右岸に渡って、一番橋からは左岸側を行く(新井橋を渡っても、右岸の自転車道には直結できないので注意)。でも走ってみると、滝合橋まではずっと右岸でいいかなという印象。途中で一般道になるけれども、私でもそれほどこわくない程度の交通量だからだ。逆に、左岸側のほうは途中の河川敷に児童グラウンドがあり、自転車道に座り込んでグランドを見ている家族連れや子供らが多くて、とてもまともに走れない。平山橋のあたりで一端自転車道が切れてしまうのも難点だ。

とりあえず自分のために、ルートをまとめておくとこんな感じ。
ふれあい橋~一番橋~平山橋~滝合橋:右岸
滝合橋~長沼橋:左岸
長沼橋でいったん湯殿川を渡って、鶴巻橋まで:右岸

ただし八高線の踏切を越えたあたりからは、自転車道並みの道幅しかないのに一般道になってしまう箇所がいくつかあって、車もかなり来るのでちょっと怖い。もしかしたら左岸のほうが走りやすいのかもしれないけれど、実走していないのでわからない。いずれ確かめてみたいと思う。

cimg06551

そんなこんなで、この日は八王子市役所まで行った。あとほんの少し走れば高尾で、体力には充分余裕があったけれど、日が暮れそうなのでここまで。サイクリストはやはり早起きが基本だよなあ(笑)。ま、修行する気もないのでこんなもんか。市役所は衆院選の期日指定前投票受付中であいていて、人の出入りも多かったので、ここでドリンク補給&トイレ休憩させてもらった。

帰りは、ルートをあまり考えないで走っていたため大失敗。右岸をずっと走っていたため、途中で自転車道がなくなってしまったのだ。結局「車がこわいよー」と泣きながら(誇張入ってますが)北野街道を走って、何とか平山城址公園駅付近へ出て、それからは事なきを得たわけだけど……。教訓:怖い思いをしたくなかったら、ルートはちゃんと確認しましょう。

もともと浅川はわりときれいな川だけれど、八王子のほうまで行くと透明度も高くなって本当にいい感じ。今回は高尾までは行かれなかったが、次回への楽しみができたということにしよう。来年の春は、森林科学園で桜が見られるかな(でも花粉症の季節なのでムリかも)。

この日は大体60キロ弱を走った。ロードバイクだと、とにかく脚は疲れない。疲れるのは肩だ(笑)。慣れれば肩こりはなくなるそうなので、その日を目指してひたすら走り続けるしかないなあ。

|

« 結果がすべて。 | トップページ | 多摩川梨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/5893065

この記事へのトラックバック一覧です: 浅川沿いを走る:

« 結果がすべて。 | トップページ | 多摩川梨 »