« 理性と、感情 | トップページ | 12月の多摩湖 »

2005/12/12

初雪@国立競技場

今シーズンの初雪は、国立競技場で見ることになった。

cimg20951

以前よりもスケールアップしたわりには注目度がダウンした感のある「世界クラブ選手権」の開幕戦を見物してきた。対戦カードは、アジア王者のアルイテハド対アフリカ王者のアルアハリ。たいして考えもしないでチケットを買っていたので、見る側としてもモチベーションは高いとはいえない。予備知識もほとんどないし、両チームとも似たような名前で区別がつかないし(笑)、第一、むちゃくちゃ寒い。開会式はどうでもいいので、とりあえず試合だけでも見てみるかね~と、完全防寒装備で出かけたのであった。

席は、東京の試合でいうなら「国立競技場でのU席」付近。もちろん指定席なのだが、上のほうは数列に渡って空席が続いている。狭っこい国立の座席に座るのも窮屈なので、空席地帯に適当に陣取って観戦することにした。

第一印象はといえば「みんなでかいな~」ということ。いつもほぼ同じ位置から東京の試合を見ているから、選手の体格の違いはよくわかる。途中、中だるみをした時間帯もあったけれど、みんなよく走るしシュートは枠に飛ぶし、スタミナの切れない試合をしていた。ACLは見たことがないけれど、こりゃJのチームがACLを勝ち抜くのは大変だろうな……と思ってしまった。

どちらかといえば、エジプトのチームのほうに決定機が多かったけれど、勝ったのはサウジのほう。知ってる選手はカロンしかいなかったけど(なぜか背番号が3番)、彼が飛び抜けているという印象はなかったなあ。

どちらが勝ってもいいという試合は、見ていて本当に気が楽だ。両チームに拍手ができるし、楽しく見られる。最近は東京の試合ばかり見ていたけれど、たまにはこういう試合もいいな。素直にいいプレイに拍手できるもの。

メインとバックスタンドの一部にはアルアハリのサポーター。独特のリズムで応援していた。アルイテハドサポはゴール裏とメインの間あたりに位置。こんな遠方まで応援しに来るなんてスゴい。私もいつか海外まで東京を応援しに行きたいものだ。

この日の観客は28281人。このカード&天気のわりにはよく集まったと思う。ハーフタイムには、寒さをまぎらわすためか、ヤケクソのようなしょぼいウェーブが何度か起こったり。本当に寒かったけれど、やっぱり生観戦は面白い。日テレの実況を見ていても、どうせイライラするだけだろうし(笑)。審判はイングランドの人だったと思うけれど、半袖なのでビックリ。審判の背中にボールが当たって一同失笑というシーンもあったけれど、試合の流れを止めないいいジャッジをしていた。Jリーグにもこういう審判がいてほしいなあ。

|

« 理性と、感情 | トップページ | 12月の多摩湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/7589610

この記事へのトラックバック一覧です: 初雪@国立競技場:

« 理性と、感情 | トップページ | 12月の多摩湖 »