« J最終戦、そして | トップページ | 紅葉探訪 黒目川 »

2005/12/05

さらば原東京

FC東京、原博実監督の今シーズンいっぱいの退任が正式に決まった。
cimg18431
ホーム最終節の試合の後、手を振りながらスタジアムを一周するヒロミの表情をスクリーンで見ながら、「今シーズンいっぱいなのかも」と漠然と思っていた。正式発表前に一部報道もあったから予想していたけれど、それでもショックだった。自分がこんなに動揺するとは思わなかったので、それにもまたビックリしたりして。思い出が走馬灯のように……じゃないけれど、いろいろなことが心に浮かんだ。すべてを書くことはできないので、少しだけ。

もう1年ヒロミでもいいかな?と思っていたので、本当に残念だ。来年はW杯イヤーで代表選手がなかなかそろわないし、日程も厳しくなりそうだしで、東京を知り尽くした監督が引き続き指揮をとるのがチームにとってベストじゃないかと感じていたのだ。そう考えるのは私だけではなく、ネットをざっとまわってみても、退任を惜しむ声は多い。

チームの連敗新記録をつくり、デカい目標をぶちあげたわりには何もタイトルがとれず(補強もしなかったんだからあたりまえで、監督に責任はないけれど)、最終順位も昨年より下がってしまった。それでも、これほど惜しまれ、続投を望まれ、愛される監督というのはほかにはいないだろう。

今季前半のあの苦しい時期を経て、ヒロミにはずいぶん白髪が増えた。インタビューによれば、クビを覚悟したこともあったし、続投がないことも予想していたという。選手の怪我や補強など、監督の一存ではどうにもならないことがあったとしても、結果についてまず責任を問われるのは監督だ。監督というのはなんと辛い仕事なんだろうと改めて思ったものだ。そんな中で、チームを建て直し、成長させ、来季に向けて希望のもてる状態にしたうえで、飄々と去っていこうとするヒロミ……アンタ、カッコよすぎるよ。

まだやめてほしくないけれど、惜しまれながら勇退というシナリオがいちばん美しいのかもしれない。普通、サッカークラブの監督というものは、罵声の中でやめさせられるケースが圧倒的に多いからだ。でも、ヒロミの場合はお別れセレモニーまで予定されている。シーズンが終わってからわざわざそんなイベントを組んでもらえるような監督なんて、ヒロミだけだと思う。

私にとっては、ヒロミは恩人だ。サッカー解説者だったヒロミが監督をするというから、東京の試合を見に行くようになったのだから。彼がいなかったら、私は今もTVで海外サッカーを見ているだけで、スタジアム観戦の楽しさも、地元のクラブを愛することの幸せも知らないままだっただろう。この数年で得られたたくさんの喜びや涙だって、ヒロミがいたからこそ。人生を豊かにしてくれたことに、心から感謝を捧げたい。

そういえば、自転車生活を始めたのも東京の試合を見に行くためだったのだから、ヒロミから受けた恩恵ははかりしれないということになる。体重と体脂肪が減って、喘息がおさまったのもヒロミのおかげなら、ウチに自転車が12台もあって自転車貧乏なのもヒロミのせいということだな(笑)。自転車通勤をしている監督ということで、親近感もあったしなあ。ああ、考えれば考えるほど残念だ。

来シーズンのヒロミが何をするのかは知らないけれど、ドイツW杯の解説だけは絶対にやっていそうな気がする(新潟の反町監督も退任したし、W杯のスカパーTV観戦はかなりおもしろくなりそうな予感)。ドイツだけじゃなく、世界のあちこちへ行ってサッカーを見て、んまいものを食べて(笑)、白髪を増やさなくてもいい仕事をしながら、じっくり充電してほしいとも思う。そして、指導者としてさらに成長したヒロミと再会できることを待っているし、そう信じているよ。

原博実監督、今まで本当にありがとう。

|

« J最終戦、そして | トップページ | 紅葉探訪 黒目川 »

コメント

楽しく読ませてもらいました♪ゆうたです。
ブログにて「俺とW杯」連載中なのでよかったら見に来てください!

投稿: ゆう | 2005/12/07 02:44

ゆうさん、コメントありがとうございます。
W杯ドロー、気になりますね。

投稿: つぴぃ | 2005/12/07 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/7479382

この記事へのトラックバック一覧です: さらば原東京:

» FC東京 原 博実監督 退任決定 [東京 Football 日和]
それは12/4日曜日の昼下がりにFC東京のオフィシャルサイトで突如発表された。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/09 13:45

« J最終戦、そして | トップページ | 紅葉探訪 黒目川 »