« 点検ノススメ | トップページ | やっと発見 タヌキの墓 »

2005/12/27

心拍計は面白い

ハートレイト・モニターを買った。

購入理由やどのメーカーの何を買ったかについては後で書くこととして、心拍数をはかるというのは面白いものだと思う。

使い始めるにあたっては、「最大心拍数」を設定しなくてはならない。これにはもちろん個人差があるはずだが、目安の数値を算出するための計算式がある。

210-(年齢×0.7)
*この計算式にもいろいろあるみたい。私が買った製品の説明書にはこの式が書いてあった。

私の場合はこの数値は180いくつかになるのだが、まずこの計算式に対して「ホントかよ!?」と思ってしまう。性別も、普段の運動状況も無視して出す数字なんてあてにならない。同じ年齢で、自転車レースに出るような男性と運動音痴な私の最大心拍数が同じなわけないぢゃん。「ランス・アームストロングのミラクル・トレーニング」という本には、運動によって最大心拍数を出す方法が書いてあるが、あんなことをやったら倒れそうな気がするし、そんな環境もないのでもちろんパス。

だから設定はともかくとして、まず使ってみることにした。試すコースはもちろんいつもの多摩湖。心拍計をつけてママチャリに乗っている奴なんて、私くらいのものだろう(笑)。

武蔵大和駅西の交差点から最初の坂を登ったあたりで、心拍数は150くらい。多摩湖周回コースではこれが最大で、後は100以上145以下あたりをうろうろしている。以前、エアロバイクで心拍数を測ったことがあるが、わりとマジメにしっかり漕いでも、最大110くらいの数字しか出なかった。室内で走るのと外を走るのでは、条件などがいろいろ違うのだろう。ママチャリ以外の自転車だとどんな数字になるのだろう。負荷がなさそうだから、心拍数は減るのかな。

興味深かったのは、先日の強風の時。漕いでも漕いでも自転車は前に進まず、頭の中は「つらいつらい」と泣き言だらけだったのだが、心拍数はさっぱり上がらなかった。肉体的にすごくつらいと感じていたので、さぞかし心臓も盛大に働いたことだろうと思っていたのだが、実際はたいしたことがなかったということだ。考えてみれば、ちょっとした環境の変化で心拍数が激変していたら生物として困ったことになってしまうだろうから、あたりまえのことなのかもしれないけど。心拍数、奥が深いなあ。

まだ試し始めたばかりで、これをどう利用していくかも決めていないけど、いろいろ調べながら健康維持に役立てていきたいと思う。ただ、今の季節はトランスミッターをつけるときが冷たくてイヤなんだよね~。

|

« 点検ノススメ | トップページ | やっと発見 タヌキの墓 »

コメント

「最大心拍数」は、概ね年令で決まるようですよ。
鍛えることで「最大心拍数」が高くなるのでは無く、同じ運動強度でも心拍数が上がらなくなる、つまり「最大心拍数」に達するまでの余裕が大きくなる訳です。
鍛えていないと軽い運動でもすぐに心拍が上がり切って息切れ状態になってしまうんですね。
以前、ツール・ド・フランス(ジロ・デ・イタリアだったかも?)のTV中継で選手の心拍データをリアルタイムに流していましたが、同じ集団で走っているのにエース級の選手とアシスト選手では結構数字が違っていて(エース級の方が低い)面白かったです。

ちなみに同じコースを同じスピードで走ってもギアの選び方で心拍数は変ってきます。
重いギアだと「筋力」は使いますが心拍は余り上がりません。
軽いギアを早く回すと筋力は要らない代りに心肺機能を使います。
心拍計のデータを使って適正なギアをいかに選ぶかも、長距離を乗りこなすコツですね。
(これがなかなか難しいんですが 笑)

投稿: waju | 2005/12/27 23:16

wajuさん、すごく奥深いコメントをありがとうございます。いろいろと考えながら読みました。
うーーーん、私はまだ心拍数の何たるかをよくわからないまま測っているような段階なんですね。ランスなんかは、安静時30くらいの心拍数が、走り始めると一気に150以上に行くといいますし(うろ覚え)。多ければいいとか、そういう単純な問題ではないのですね。
なんだか日々発見があるようで面白いです。またこのテーマではいろいろ書こうかと思っています。まだまだわからないことが多すぎるので(ネットで調べてもよくわからない)、ぜひ教えてください。

投稿: つぴぃ | 2005/12/28 00:55

理屈は何となく分かっていても自身のポテンシャルをまだ把握出来ていないので、今は取得したデータを貯め込んでいる状態ですね。
もう少し走り込んでから過去のデータと比べれば、トレーニングの成果が見えてくるかも知れません。
(全然、進歩していなかったらどうしよう。。。笑)
走りに活かせるのはその後かな?
現在、走行中に観ているのは専らケイデンスの方です。

投稿: waju | 2005/12/28 16:09

wajuさん、こんばんは~。
なるほど、ケイデンスもわかる自転車用のハートレイト・モニターをお使いなのですね(ポラール?)。私もそれにしようか悩みましたが、基本が「健康維持」であってトレーニングではないので(そんな体力がない)、ランニング用の腕時計型のものを買いました。
またこのネタで書くことになると思いますので、ツッコミその他ぜひよろしくお願いします。

投稿: つぴぃ | 2005/12/28 21:44

そう、ポラールです。
心拍データをパソコンに取込んで解析出来るのが選んだ理由ですね。
まだ余り活用できていませんが。

ただ、ポラールは表示が小さく反応もやや遅い(心拍を観るには充分ですが)ので、ケイデンスを観るのはSHIMANOフライトデッキの方です。
(これが無いと、どのギアに入ってるか分かんなくなっちゃうので 笑)
更にハンディGPSまで付けてるのでハンドル周りは結構ゴチャゴチャしてますねぇ。
レース指向の人には「邪道!」と云われそうです ^^;

投稿: waju | 2005/12/29 00:58

wajuさん、たびたびどうもです~!
なるほど、フライトデッキですね。私もどのギアに入っているのかわからなくなることがたびたびあるので、これを何とかしなくては!と常に思っています。ただ、せっかく巻いたバーテープを替えるのが寂しいので、まだ現状のままなんですが(笑)。

投稿: つぴぃ | 2005/12/29 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/7859533

この記事へのトラックバック一覧です: 心拍計は面白い:

« 点検ノススメ | トップページ | やっと発見 タヌキの墓 »