« MTB再開! | トップページ | イエロー銀杏ロード »

2005/12/01

紅葉:六道山公園

狭山丘陵紅葉見物記の2回目です。

cimg18931

番太池から野山北公園方面へ向かうには、御岳トンネル→赤堀トンネル→横田トンネルという3つの小さなトンネルをくぐり抜けていきます。ここは、多摩湖&狭山湖をつくるために資材や砂利を運んだトロッコ鉄道の跡。ダム湖は日本各地にありますが、多摩湖ができたのは昭和初期とかなり昔。そんな昔に思いを馳せながら、古いトンネルをくぐるのは楽しいものです。人の姿はほとんどなく、ひとりで行くにはちょっと勇気が必要ですが、地元の人が普通に行き来している道でもあるんですね。

ここは24時間通行できるわけではなく、今の季節は午後5時には閉じられてしまいます。もっとも、もし通行できたとしても、陽が落ちた後にこのトンネルをくぐりたいとは思えないなあ。通りに面した横田トンネルの出口には、トンネル番(?)の人が座っていることもありますので、わからないことがあったら聞いてみるといいと思います。夏でもひんやりと涼しいトンネル内は、いつもしっとり中が濡れているような感じ。冬には路面凍結もするでしょうから、これから行かれる皆さんは足元に充分ご注意ください。

しかし私は例によって道を間違えてしまい、反対方向の赤坂トンネルをくぐってしまいました。ま、一度は赤坂トンネルも通ってみたかったからいいや、とポジティブに解釈してUターンでございます。もう1年以上来ていないので、かなり忘れています。困ったものだ……。

この後は、いつものように六地蔵を経て、六道山の展望台へ。久しぶりにMTBに乗ったせいか、たいした坂&砂利道でもないのにやたら疲れてしまいました。こんなはずでは……と内心ショックを受けながら、何とか展望台へ到着。でも冬から春にかけて何度か通えば、MTB用の体力がついてくるはず……たぶん。
cimg18851

展望台からの眺めは、いつものように最高。写真だと枯れ木だらけに見えますが、肉眼では見事だったんですよねえ。ショボい写真だとかえって逆効果ですね……。この日は快晴だったのにほんのり曇っていて、富士山は全然見えませんでした。ちょっと期待してたんだけどなあ。ここからは、しっかりと「東西南北」を見渡すことができます。コンパスで確認したんですが、「北」は本当に「真北」でしたから。初日の出を見に来る人もたくさんいるんじゃないかな。きっとすばらしい日の出が見られることでしょう。

帰りは狭山湖一周コース。久しぶりの砂利道でくたびれまくり、狭山湖堰堤まで帰ってきた時には心底ホッとしました。狭山湖畔は、夕陽の写真を撮ろうという人たちでいっぱい。これは便乗しなくては!と思っているうちに、あれよあれよと陽は沈んでしまいました。まさに、秋の日はつるべ落とし。結局、撮れたのはこの程度。とほほほ。
cimg19001

そんなこんなで、半年ぶりのMTBはやっぱりくたびれました。これからどんどん寒くなるし、身体を温めるためにも積極的にMTBに乗っていきたいものです。目標、初日の出見物!……やっぱムリか(笑)。

|

« MTB再開! | トップページ | イエロー銀杏ロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/7416536

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉:六道山公園:

« MTB再開! | トップページ | イエロー銀杏ロード »