« 究極の防寒対策!? | トップページ | ヒロミ復活! »

2006/01/05

ママチャリ自慢

たまには、自分の自転車の紹介をしてみます。

まずは、ウチの最古参でもあり、いちばん乗っていて愛着もあるママチャリ。スーパーなママチャリなので、スーペル号という名前です(買った当時はセリエをよく見ていたので、イタリア語風(笑))。私にとっては、人生3台目、約20年ぶりの自転車でした(補助輪付→中学時代の自転車の次)。

cimg22601

購入は02年の12月。ほしかった理由は、FC東京の練習場まで行きたかったから。ママチャリなんて1万円くらい出せば充分だろうと思っていたのですが、ネットで相談すると「できるだけ軽くていいものを買っておくように」とのアドバイス。こうしてやってきたのが、ブリヂストンのスーパーライトU型、内装3段付き。基本重量12キロそこそこというのは、ママチャリとしては最軽量クラスです。

変速器付きの自転車というのは、昭和記念公園のレンタサイクルで乗って以来のあこがれのまと。しかし、4万円以上もする自転車というのは、当時の私にとっては「ありえない」ような高級品でした(今でこそ思い出したい金銭感覚ですね(笑))。もっとも、誕生日&クリスマスプレゼントということで、買ってもらったものなんですが。

こうしてやってきたママチャリで、半年ばかりは小平の練習場へ通ったり、日々の買い物に使ったりと、ごく普通に乗り回しておりました。

ところが翌年になるとそれに飽き足らずに、ママチャリで味スタへ行こうと考えるようになりました。ダンナも感化されてクロスバイクを購入、このあたりから少しずつママチャリがスーペル号に変化していきます。

最初はサドルの交換。真ん中に穴のあいた女性用のサドルがおさまりました。また、サドル高を思い切り上げると、もとからついているシートポストでは対応できないので、これも交換。スーパーなどの駐輪場に置くと、やたらとサドルが高いのですごく目立ちます(笑)。別に脚が長いわけじゃなくて、適正なサドル位置の自転車が他にないというだけの話なんですが……。

super
↑フラットバーママチャリ。ここだけビアンキ(笑)。

続いてはハンドルバーの交換。ちょうど不要になったダンナのフラットバーハンドルがママチャリにつけられました。通常のママチャリよりも若干前傾姿勢になるので、ちょっとだけスポーツ自転車気分が味わえます。スカート巻き込み防止用の「ドレスガード」は取り外し、ペダルと前後ライトとベルを交換し、サイクロコンピュータとボトルケージまでつけて、完成。ほかにもどこかいじったかもしれませんが、もう忘れてしまいました(もちろん私が改造したわけではありませんが)。

これだけ手をかけたおかげか、スーペル号は最高時速34キロくらい出ますし(たぶんもっと出る)、50キロくらいの距離なら普通に走れます。もっともそのせいでママチャリばかりに乗って、なかなかスポーツ車にハマらないのが問題なんですが……。

それにしてもママチャリというのはすごく丈夫ですね。もう1万キロくらい乗っているのに、パンクひとつせず、タイヤもへたれないし。まだまだ頼りになる自転車なので、ずっと頑張ってほしい一台です。

|

« 究極の防寒対策!? | トップページ | ヒロミ復活! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/8014430

この記事へのトラックバック一覧です: ママチャリ自慢:

« 究極の防寒対策!? | トップページ | ヒロミ復活! »