« 秘境!山口観音・2 | トップページ | 心拍計試行錯誤 »

2006/01/18

心拍計購入記

先月、心拍計(ハートレイト・モニター)なるものを買ってみた。

一応、自転車乗りの端くれとはいえ、乗るのはママチャリばかりだし、レースに出るつもりもなければ、峠を越える予定もない。それに、体重も自然に減ってしまったので、さしあたってダイエットの必要性も感じていない。それでも買ってしまったのは「何やら健康管理にいいらしい」と聞いたからである。

確かに、自分の心拍数を把握していれば、どの程度の運動なら大丈夫かという目安がわかる。その昔は先天性心臓病だった過去があるので、万が一ということもあるかもしれないから、用心に越したことはない。こうして、心拍計の導入を決めたのである。

決めたのはいいが、何を買うかが問題だ。Jスポーツの自転車レース番組ばかり見ているせいか、「ハートレイト・モニターといえばポラール」だと思い込んでいたのだが、いろいろなメーカーが出しているのであった。

ポラールは自転車専用タイプを出していて、これをつければ心拍はもちろんのこと、ケイデンスも時速も何もかもがわかってしまうらしい。だが、1個の心拍計でまかなえるのは1台の自転車だけ。5台の自転車を適当に乗り回している私が、5台分もの心拍計を買うなんてありえない。それに、私のロードバイクは今のところとんでもなくのろくさいので、ロードバイク専用に最高級自転車専用心拍計を買うのではもったいない。さらに、ポラールが「電池交換の際はメーカーに送るように」推奨しているのもなんとも面倒くさい。

結局、ポラール以外のメーカーで、ランニング用の腕時計タイプに照準を合わせることにした。これなら、自転車用よりもずいぶん安くなる。

img933_0m1その次に気にしたのは、重さと大きさだ。私は自転車に乗る以外は虚弱体質なので、腕時計をするだけで腕がだるくなってしまう。だからともかく軽いものがほしかった。大きいものだと袖付近がかさばって邪魔になるし。ネットで情報収集した後は店頭でチェックして(実物を見ないとわからないから)、結局、NIKEの「IMARA HRM」に決めた。ブランドに弱い私にピッタリだし、「女性用モデル」と銘打ってあるのもよかった。大きさも普通の腕時計と変わらず、普段でも使えそうだ。

こうして心拍計を使い始めたのだが、使いこなしているかどうかというとはなはだ心もとなかったりするのである。
(以下次号)

|

« 秘境!山口観音・2 | トップページ | 心拍計試行錯誤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/8223519

この記事へのトラックバック一覧です: 心拍計購入記:

« 秘境!山口観音・2 | トップページ | 心拍計試行錯誤 »