« 真冬の湧水 | トップページ | サヨナラ加地さん »

2006/01/12

深大寺寒々初詣

しつこく「あちこち初詣に行こう!」企画が続きます。

多摩サイは「拝島大師」、黒目川ルートは「氷川神社」に行きましたので、次は野川コースの初詣。野川といえば、やはり深大寺でございましょう。

cimg24251
↑深大寺とムクロジの木。ムクロジの実は羽根つきの羽に使われるそうです


ところで、私の自転車生活の中心は「ポタリング」であります。ポタリングといえば、目的地を決めてのんびり走ること。そしてその目的地はたいてい屋外の名所旧跡であったりします。しかしこの冬は、外を散策するには寒すぎました。せっかく自転車で走って身体が温まっても、降りてから30分ばかり散歩をするともうダメ。身体はどんどん冷えてきてしまいます。

深大寺付近も、広い境内を散策したり門前のお店をながめたりするのが楽しい場所なのですが、この日もやっぱり寒すぎました。いつもなら出店で「そばまんじゅう」でも買ってベンチでひと休みしながら食べるところ。でもどんどん冷えてきて気持ちまで寒々しくなってしまったので、とりあえず近場の蕎麦屋に駆け込みました。中には大きな石油ストーブが置いてあって、別世界のよう。それほどお腹はすいていなかったので、蕎麦シフォンケーキ&コーヒーのセットや揚げ蕎麦などのつまみ系を頼み、蕎麦茶で身体を内側から温めました。もう冷え切っているから何でもうまい。生き返ってひと息つけました。

この時期のポタリングは、目的地を飲食店にするのがいいのかなあ、なんて思った正月最後の休日でありました(松の内が終わってしまったのに、まだ多摩湖へ行ってない!)。ちなみに、この日の深大寺はいつにもましてにぎやかでいい雰囲気でした。元三大師堂の扉も開かれていて、住職さん(?)が大勢集まった人々に法話を聞かせていたし。ふだんは平日に行ってしまうので、やっぱり閑散としてますもんね。

深大寺への初詣は済ませましたが、東京必勝祈願のためには布多天神社と大國魂神社にも行かなくてはなりません(なぜこの2社なのかは勝手に決めました。大國魂神社では節分イベントもやってたしね)。いつ行けるかわかりませんが、1月中にはなんとか。ヒロミTシャツも引き取らなきゃならないしね~。

|

« 真冬の湧水 | トップページ | サヨナラ加地さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/8124620

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺寒々初詣:

« 真冬の湧水 | トップページ | サヨナラ加地さん »