« 自転車で等々力へ | トップページ | 開花まであと一歩@多摩湖 »

2006/03/24

真冬の富士登山!?

もうひと月も前のことですが、今年初めてMTBで遊んできました。

p10407021
↑巨大スズメバチの巣

根性ナシなので、MTBに乗るのは晩秋~春のあいだだけ。暖かくなると雑草ははびこるし、虫の活動も活発になって、オフロードに入るのがあまり楽しくなくなってしまうからです。いちばん怖いのが(本当に怖いものが多い私です)スズメバチ。多摩湖周回自転車道にもいくつか巣がありましたが、MTBでまわるような場所にはどこに巣があるかわかったものではないので、つい敬遠してしまうのです。

この日はまず八国山へ。尾根道をたらたら走ってから、鳩峯公園へ向かいました。適当な道から入っていくと……そこには巨大なスズメバチの巣が! 周囲の木がすべて落葉しているせいでものすごく目立ちます。今まであちこちで見かけたことはあったけど、ここまでデカいのは初めて。しかもこれだけ接近したのも初。2月ならば大丈夫だとわかっていても、やはりコワ~い。

そのまま道なりに進んでいくと「トトロの森」であることを知らせる表示板がありました。その近くにはご丁寧に「←巨大スズメバチの巣」という案内板も。しっかり名物になっていたようです(笑)。

続いての目的地は「荒幡富士」。昨年も行こうとしたのですが、道がわからず&雨が降りそうだったために断念した場所です。今回は地図を見ながら慎重にルートを確認。西武園ゴルフ場を左に見て、坂を登っていくとそこに「荒幡富士」がありました。人工の富士山ということは知っていたのですが、思っていたより大きくてビックリ。明治時代にこんな場所でみんなで土を盛ってつくったのか~と、感心しながら見上げてしまいます。富士信仰に根ざした人工の富士山は都内にもあちこちにありますが、これだけ巨大なのは珍しいのではないでしょうか。

p10407341
↑富士登山口(笑)


頂上までは道がつくられていますが、人ひとりが通るのがやっと。すれ違うのも大変なので、降りてくる人が終わってから登り始めます。つづらおりのコーナーごとに「三合目」「五合目」と富士山らしい表示があります。といっても、一合分登るまでに要するのは数十歩ですが(笑)。最後はもちろん「九合目」。わずか5分ほどで、初の富士登山は完了しました。

p10407271
↑小さい富士山なので頂上も狭い


さて、頂上。この日は曇っていたので、あまり眺望はよろしくありませんでしたが、晴れた冬の日であれば富士山はもちろん、いろいろな景色が楽しめそうです。このあたり、六道山に荒幡富士と、眺望が楽しめる場所がけっこうあるのですね。いつも見慣れたゴルフ場の裏にこんな場所があったなんて……と、ちょっとビックリしてみたり。

しかし帰りは「荒幡富士市民の森」を出たあたりで迷ってしまいました。なんとか「山口城址通」に出て、多摩湖沿いの慣れた道に戻ってくることができましたが……。この道路、私がいちばん苦手とするタイプの道で(道幅狭く、交通量が多い)、かなりストレスを感じました。ま、その時は他に選択肢はなかったのですが……。

狭山丘陵、まだまだ行っていないところがたくさんあるようです。夏になるまでにあと何回行かれるかな?

|

« 自転車で等々力へ | トップページ | 開花まであと一歩@多摩湖 »

コメント

祝!富士山登頂。

何度も行ってますが良いところです。近場でも行っていない所って多いですねぇ。

近所のポタが自転車遊びの真髄です。(自論)

投稿: hal | 2006/03/24 21:41

こんばんはhalさん。コメントありがとうございます。

今ならば「荒幡富士」もだいぶ緑色になっていることと思います。

ご近所ポタこそ真髄、自転車を数十台所有していらっしゃるhalさんだからこそ、その言葉の重みを感じます。私も最近、自分が住んでいる場所のありがたみを日々感じていたりして。どこへ行くにもほどよい距離ですし、MTBで遊べるところも近くにありますし。やっぱり「青い鳥」は近くにいるということなのでしょうか。

投稿: つぴぃ | 2006/03/24 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/9236230

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の富士登山!?:

« 自転車で等々力へ | トップページ | 開花まであと一歩@多摩湖 »