« ちょっと不調で | トップページ | 多摩湖だより3月第2週版 »

2006/03/14

再び二子玉川

先週、懲りずにまた二子玉川へ行ってみました。今度は野川経由。

cimg27891
↑緑が多くなってきた野川公園

そんなに自転車で等々力陸上競技場へ行きたいのか……というわけではないのですが、前回はあまり快適なルートを使えなかったのが何とも心残りで。こういう時ってリベンジ(?)したくなるものですよね。もちろん、アウェイの川崎戦は見に行くつもりでいますが、雨が降ったら自転車観戦は不可能ですから、今からいろいろ考えないようにしています(心配性なので(笑))。

久しぶりに野川公園を訪れてみると、ずいぶん春めいてきているのでビックリ。枯草色だった土手がかなり緑色になってきていて、シダレヤナギの並木もうっすら黄緑色に。気のせいか、多摩湖よりも春の訪れが早いような。

二子玉川へは野川に沿って自転車をのんびり走らせればいいので、道に迷いようもありません。早めに出てきたので、途中、野川公園自然観察園や次太夫堀公園に寄り道しながらのポタリング。野川沿いの道を走る時は、こんなスタイルが合っているような気がします。

cimg28101
↑野川は治水工事だそう

さて、そろそろ川沿いの道も終わり。予定ではこの後、二子橋公園のほうへ出て、車の来ない河川敷の道を走るはずだったのですが……。吉澤橋付近から、あたりはすべて工事中。しっかり「遊歩道は通行止」とか書いてあります。看板によれば、期間は3月いっぱい。ということは、川崎戦のころはまだ工事中か……。

結局、交通整理の人にうながされるようにして、またも多摩堤通に出てきてしまいました……ここは車がコワいから通りたくないんだってば~! 結局、吉沢橋交差点を渡って玉川高島屋へ至る道を選択。やっぱり車は多いけれど、多摩堤通りよりはマシだったかな。

cimg28041
↑兵庫島公園より駅方向をのぞむ

最近はあまり都会に出ないもので、二子玉川のような大きな街に来るだけでくたびれてしまいます。兵庫島公園でひと息入れたものの、やっぱり野川上流ののんびりした雰囲気が恋しいわ(笑)。

そんなわけで、等々力陸上競技場を確認することもなく、多摩サイで帰るわけでもなく、またも淡々と野川沿いを走って帰宅。この日の走行距離は往復50キロそこそこで、「二子玉川って近いのね」と再確認いたしました。でも、同じ50キロなら羽村堰へ行くほうが好きかな~。車の少ない、風景のいい道をのんびり走るのが好きだから……。

|

« ちょっと不調で | トップページ | 多摩湖だより3月第2週版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/9088660

この記事へのトラックバック一覧です: 再び二子玉川:

« ちょっと不調で | トップページ | 多摩湖だより3月第2週版 »