« これから千葉戦 | トップページ | のんびり小金井公園 »

2006/04/16

迷える子羊たち

ジェフ千葉に、ホームで2-3で敗戦。

少しずつでも進歩していると信じていたかったけど、なんだか同じところをグルグルまわっているだけのような気がしてきた……。

前半が終わった段階で、「あー、また終盤「ヤメロ」コールが出るのかなー、ネットが荒れるんだろうなー」とどんよりした気分になった。日程は同じはずなのに、さっぱり走れない(というより立ってるだけ)わがチームの面々(若いのに……)。千葉の選手はひたすら前を向いて走り、ゴールへの積極的な気持ちがそのまま結果につながっていく。もし中立の立場で見ていたら(……って、これは三ツ沢でもそう思ったので割愛)。

なんでこんなに自信のないチームになってしまったのかとガッカリしていると、後半からは一挙に3人交代。こういうカンフル剤的な交代策はいいと思う。言葉は通じないかもしれないけど、メッセージはダイレクトに選手に伝わるはず。ゴール裏からも「シュート打て」「意地見せろ」コール。監督や戦術云々よりも、選手たちの闘志が見えないのがいちばん良くない。これが功を奏したのか、後半は東京ががむしゃらな攻撃を見せる……が、それが仇となって3失点目。これがいちばん痛かった……けど、それからPKを含めて2点を何とか返すところまでいった。

なりふりかまわぬ反撃ぶりに、観客もようやく盛り上がり始める。おかげで前半のヒドい内容は、とりあえず忘れてもらえたような感じ。後半の後半は審判の不思議ジャッジ(この人、W杯で笛を吹くんだよねえ?)と、バタバタ倒れる千葉の選手のせいでフラストレーションがたまって……残念ながら反撃もここまで。スコアだけ見ると2-3で接戦のようにも見えるかもしれないけど、内容的には完敗だった。

後半の「一か八かの攻撃」(by オシム)で、あれだけ頑張れるのに、なぜそれを前半から見せられないのだろうか。今ちゃんも「チームリーダーとして声をかける人が少ないと思う」なんて他人ごとのように言ってないで、それなら自分で声を出しなさいって。フィールドプレイヤーでリーダー的な存在が必要なんじゃないかとずーっと思っているんだけど、フミさんあたりを起用してほしいよなあ(あと必要な人材は、精神分析医か催眠術師かも(笑))。

毎週毎週、折れ線グラフのように山あり谷ありのわがチームの奮闘ぶりを見せられているわけだが、これはこれでけっこう面白い(自虐的?)。前の週によかったかと思えば落ち込み、悪かったかと思えば急に立ち直り、その理由もきっかけも想像すらできない。さっぱり安定感がなく、予想も何もできないので、実に毎週ワクワク(ドキドキ?)させてもらっている。さて、来週のガンバ大阪戦では、どんなチームになっているだろうか。

そういえば、昨年は磐田戦に勝ったのを最後に、怒濤の6連敗がスタートしたのだった……願わくば、同じ轍を踏みませんように(すでに片足を突っ込んでいるような?)。

|

« これから千葉戦 | トップページ | のんびり小金井公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/9617410

この記事へのトラックバック一覧です: 迷える子羊たち:

« これから千葉戦 | トップページ | のんびり小金井公園 »