« 桜の記憶@浅川 | トップページ | ぶらさがるものたち »

2006/05/03

大きなアウェイ初勝利

ヴァンフォーレ甲府に、1-3で逆転&アウェイ初勝利!!!!!

甲府戦を見に行きたかったけれど、ダンナの仕事がどうなるか直前までわからず断念(横浜あたりならひとりでも行くけど、さすがに甲府でひとり観戦は寂しい)。さらに、ここ10日間ほど大規模な片付けをしていたのだが、2日前に腰を痛めてしまい、自転車を乗り回す気力も体力もなく……。ダンナも仕事に行ってしまったし、自宅でおとなしくBS-iの生中継を見ることにした。

東京のメンバーは、前節と変更ナシ。良かった流れを持続させたいということだろう。最初から攻撃的で見ていて楽しいのだが、一瞬のカウンターで攻める甲府が怖い。今節も、土肥の頑張りとゴールポストさんのおかげで1失点ですんだ、という感じだった(前半は2失点したかと思った!)。後半頭からはリチェーリを投入。「前半の結果に怒りを覚えろ」というガーロ監督のハーフタイムコメントにはちょっとビックリ。あまり感情を表に出さず、あたりさわりのない発言をする監督というイメージがあったので、なんだかうれしかった。

後半も攻守が忙しく入れ替わる展開で、TVを見ながら気が気でなくて部屋中をうろうろしてしまったけれど(笑)、ともかく素晴らしい得点が3つも入って天にも昇る心地。前半は「あ~やっぱりウチにも決定的なFWがほしいな~」とボヤいていたのに、終わってみればルーカス2&川口1ゴール。ルーカスはこれで本当に覚醒しちゃったのかな。MF登録で出るほうが得点を決めるというのもフシギだけど(笑)。

3点目を全身で喜ぶガーロ監督の姿を見て、またまた好感をもった。ポール・スチュアートの特注スーツの背が裂けんばかりに、かがんでガッツポーズをしているんだから。応援する側としても、監督や選手といっしょに喜び合いたいし、苦楽をともにしたいもの。ガーロ監督のこういう面はもっともっと見てみたいな。

TV画面からもよく聞こえてくるゴール裏の応援もよかった。小瀬のスタジアムは気持ちがよさそうで、あの場にいた人は本当に幸せな気持ちになったことだろう。今年は断念したけれど、来年は輪行で甲府まで行ってみたい(だからお互いしっかり残留しましょう)。そして週末は、中断前の最後のリーグ戦。この際だから3連勝して、気持ちよく中断期間を迎えたいものだ(ナビスコもあるけど、あくまで修行の場というか、テストだね)。

ともかく本当に素晴らしい勝利で、見ていて泣きそうになった。選手たちはずっと迷って悩んで試行錯誤して、それでも方向が間違っていないと信じて進んできた。そのかいあって、ようやく結果が出始めたのだ。サポーターだって「つまらねえ」だの「やめろ」だのいろいろ言ったし、ビミョーな応援もしたし、ついでに観客数まで減少するしと、今シーズンの東京は開幕からずっと苦労してきた。でも、それらはすべて無駄ではなかったということだ。もちろん、ここでイイ気になってはいけないけれど、このまままっすぐ進んでいかれれば、きっともっといい結果に結びつくと思う。信じているよ。頑張れ、FC東京。

|

« 桜の記憶@浅川 | トップページ | ぶらさがるものたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/9882640

この記事へのトラックバック一覧です: 大きなアウェイ初勝利:

« 桜の記憶@浅川 | トップページ | ぶらさがるものたち »