« 虫は勘弁! | トップページ | TVを見つつつらつらと »

2006/05/15

テーマも成果も皆無

この日の天気のごとく、すっきりせずにどんよりした試合だった。ナビスコ杯グループリーグ、0-1でアビスパ福岡に敗北。グループリーグで敗退することが決定した。

実質的な消化試合だけに、今後につながる新たなる試みや、サブの選手たちの奮闘ぶりが見たかったのだが、結局何も見ることができなかった。

本当のことを言ってしまえば、消化試合に意味を見つけることは難しい。目標を言葉として掲げてはいても、気持ちと行動はそれについていかずに気のないプレイになってしまう……というのはよくあることだ。チェルシーだって、優勝が決まった後の2試合は連敗しちゃったしね。そういえば、ナビスコ優勝が決まった後のリーグ戦も酷かったような記憶があるな。要するに、今日はそういう試合だったということだ。

それでも私たちは観客なのだから、プロの選手たちにはそれなりのパフォーマンスを期待するのが当然のこと。それが何も見られなかったので、本当にガッカリした。練習試合ならそれでもいいのだが、内容はシーズン前のPSM以下。0-1での敗退は妥当。というか、福岡にもう少し決定力があればもっと点差は開いていたし、負けにふさわしい内容だったと思う。

ゴール裏は輪をかけて酷いことになっていた。たぶん途中で応援を放棄したのだろう。業を煮やしてか、自然発生的なしょぼい合唱が聞こえてきたり、いつもとは違う場所から調子っぱずれの太鼓が響いてきたり、その寒いことといったら異次元クラスだった。数十人しかいない福岡サポ以上に静まり返ったゴール裏というのは、なかなか体験できるものじゃない。そういう意味でも、ちゃんとスタジアムに行ってよかったと思う(皮肉でも何でもなく)。

応援を放棄したくなる気持ちはわからないでもないが、最近のゴール裏は「自分たちが見たいサッカーでなければ応援しない」という雰囲気が漂っていて、見ていてあまり楽しいものではない。もともとゴール裏の反応を見るのが楽しくて東京の試合に通うようになった面もあるので、今の状態は本当に寂しい。初めて見た試合がこの日のような試合だったら、私ははたしてリピーターになっただろうか(反語)。

投げやりな気分で帰る途中、隣のアミノバイタルフィールドでのアメフト(?)の試合が目に入った。観客はそれほど多くはなかったけれど、チアガールの躍動感あふれるダンスを遠くから見て、何だかうらやましくなってしまったよ。試合とサポーターで観客を引き付けられないのだから、着ぐるみ軍団とかチアガールを山ほど投入したほうがいいかもね~。

連敗とはいえその前には連勝しているのだし、今日の敗北は「消化試合」だったわけで、そんなに悲観的になる必要がないことはわかっている。ところどころいい場面もあったし、ルーカスや増嶋など一部の選手は頑張っていたし、自然発生的な応援歌はよかったと思うし、福岡のGKが当たっていたのも確かだけど、今日ぐらいはグチグチ言うことにしよう。

それでも水曜日には味スタに行くことだろう。きっと浦和のホームみたいになってしまうのだろうな……それでもいいし、バカみたいなスコアで負けるのもいいかもしれない。今の東京には「今のままじゃいけない」と目を覚まさせてくれるような、過酷な現実が必要だと思う。それで奮起できるのならば良し、ダメであればそれだけのメンタリティしかもっていないということだ。残留争いでも何でも、分相応な戦いを繰り広げるのがよかろう。

|

« 虫は勘弁! | トップページ | TVを見つつつらつらと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/10073891

この記事へのトラックバック一覧です: テーマも成果も皆無:

» ナビ杯予選終焉 東京0-1福岡 [FC東京 A席でも熱つーい!いやーんバっカーん]
予選突破の可能性が0.01% でもある限り、勝て勝て勝て! 鬼太郎はただ遊びに来たの?勝利を呼ぶ為のキャラだろ? 勝つ為の工夫、プレー、采配を感じなかったね。いつもどうりの東京でした。眠い。イケイケ団は前半こそ様子見ながら、コンコースにいたけど、後半はバックスタ....... [続きを読む]

受信: 2006/05/17 08:19

« 虫は勘弁! | トップページ | TVを見つつつらつらと »