« マイ桜の記録 | トップページ | TV視聴の悩み(笑) »

2006/05/06

今日から5年目

今日5月6日は、私が東京の試合を見るようになって5回目の記念日である。

初観戦は2002年の5月6日、ナビスコの神戸戦だった。

それまでは一度もスタジアムで観戦したことはなかった(タダ券で代表戦を見に行ったことはあったが、自分の意思ではない)。海外サッカーはかなり熱心に見ていたけれど、発足時の馬鹿騒ぎが好きになれずにJリーグは敬遠していたのだ。それでも6月にはW杯の試合を見に行くことになっていたので、W杯開幕前に一度スタジアムの雰囲気を体験してみようと思って、東京スタジアムに行くことにしたのだった。

「なぜFC東京だったのか?」といえば、ヴェルディは読売だから嫌いで、ヒロミがいる東京のほうがいいだろう、くらいの理由である。原さんが解説者をやめて東京の監督になると知った時は「なんでそんなマイナーチームの監督なんかになっちゃうんだ」と思っていたくらいだった(笑)。

チケットはぴあで買ったと思う。勝手がわからないので指定席だ。ヴィッセル神戸がどんなチームかも、東京にどんな選手がいるのかも知らなかった(そもそも知っている名前は神戸のカズさんだけだったが、出場しなかった)。リーグ戦とナビスコ杯の区別もつかなかった。知っているのは「ヒロミが監督」ということだけ。

そして、記憶に残ったことといえば……。「スタジアムが広くてとてもきれい」「グリーンのピッチが美しい」「応援がこんなに盛り上がっているとは知らなかった。楽しそう」ということくらい。そういえば「寒かった」ことは記憶に残っている。ゴールデンウィークでポカポカ陽気だったが、メインスタンド側は日陰でガラガラだったのだ。観客がたくさんいて、暖かそうなバックスタンドが心底うらやましかった。私が今でもバックスタンドの住人であり続けるのは、たぶんこの時感じた寒さが原因……かもしれない(笑)。

試合に勝ったことは覚えていたが、誰がどんなゴールを決めたのかとか、どんなサッカーをしていたのかとかはまったく覚えていない。そのくせ「また来てみてもいいかな」とは感じたのだから、不思議なものだ(W杯後に初めて見た広島戦はかなり鮮明に記憶に残っているのだけれど)。

この後、W杯を5試合見て、7月にリーグ戦を2回見に行った。多くの観客が首からぶらさげている冊子状のチケットをほしいと思った。かくして、2ndステージからはSOCIOになって、現在に至るというわけだ。

今日からは5年目に突入。本日の対戦相手は、大宮アルディージャ。昨年の対戦では、選手もファンも涙なしではいられなかったほどの悔しい「引分け」を喫した相手である。今日だって、絶対に負けられない。しっかり勝って、いい状態で中断期間を迎えたいものだ。

|

« マイ桜の記録 | トップページ | TV視聴の悩み(笑) »

コメント

こんばんは。今日は残念でした。
自分は初味スタ(正確には東スタ)は2002年ワールドカップ後の最初の試合、ジュビロ戦でした。
正直、ジュビロを見たくて行ったのですが、FC東京の36番の選手に強烈な印象を持ったのを今でもはっきり覚えています。
今は18番着けていますけど。
その日も(東京にとって)負け試合でしたが、そういう印象に残る試合をして欲しいですね。

投稿: U席おやじ | 2006/05/07 00:59

U席おやじさん、コメントありがとうございます~!

やっぱり2002年観戦デビュー組は多いのですね。今年はW杯イヤーですから、これをきっかけにまた増えてほしいものです。

その磐田戦、私も見に行きましたよ。その前の広島戦で初めて36番の選手を見て、もうホレまくりました。今思い出しましたが、彼の存在が、SOCIOになった原動力だったかも(広島戦では戸田がハットトリックで、「どうしてこんなスゴい選手が代表じゃないんだろう」なんて思っていましたよ(笑)。笑っちゃいけませんが……)。

投稿: つぴぃ | 2006/05/07 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/9922216

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から5年目:

« マイ桜の記録 | トップページ | TV視聴の悩み(笑) »