« ムダな試合などない | トップページ | 16強出揃う »

2006/06/23

ジーコジャパンの終焉

やっと、日本のW杯が終わった。

第3戦、日本対ブラジルは1-4。この日の日本代表は(前半は)積極的に戦っていて、特に玉田のゴールはすばらしかった(ゴールらしいゴールは今大会初!)。これを見られただけでも、本当によかった。こういう戦いを3試合全部で見たかったんだよ。

でも、その後はブラジルの練習試合のようになってしまい、終わってみれば「ロナウドさんのダイエット&シュート練習」みたいな内容に。個人的には、ジュニーニョ・フェルナンブカーノのゴールが見られて至福だったけど(この後は出番はあまりないのだろうなあ)。

日本がグループリーグの最下位に終わり、意気消沈している人がたくさんいるだろうけれど、この不本意な結果こそが「4年間の成果」だったと知らしめるためには、これが正当な結末だったというしかない。だから、頑張った選手たちには申し訳ないけれど、ヘタに決勝トーナメントに行かなくてよかったと思う。

まずは、キャプテンとかいう謎の役職の人をなんとかすること。それから、明らかに失敗した世代交代を早急に進めること。戦術も何も考えていないことを「自由」という言葉でゴマ化していた無能な監督ではなく、きちんとものを考えている監督のもとで一からやり直すこと。4年間の空白(後退?)は本当に痛いけれど、有能な監督がいれば大丈夫だと思う(何せ選手たちはマジメで優秀だから)。トリニダード・トバゴのベーンハッカー監督や、オーストラリアのヒディンク監督は、就任してから2年くらいしかたっていなくても、ちゃんと成果を出している。

前回大会では、これを足がかりにして欧州へ出て行く選手たちが増えたけど、今大会ではあまり望めそうもない(オファーがあるとしたら、加地さんくらいかな)。これからは、強豪国の一部リーグへの移籍を目指すのではなく、平山や松井みたいな形での移籍が多くなりそうだし、そのほうがいいと思う(そういえば、この2人がいたらもうちょっと違っていたかもね)。

個人的には、この4年抱いてきた、代表に対するねじくれた気持ちがこれでやっと終わるのかと思ってホッとしている。応援したいのだけれど、反面、負けると「ざまあみろ」と思ってしまったり、本当にアンビバレンツな4年間だったのですよ。スタジアムの雰囲気も好きになれなくて、北朝鮮戦を最後にチケットも申し込まなくなっちゃったし。次の体制がどうなるのかはわからないけれど、今度こそ「僕たちの代表」と思えるようになるといいな。

これからしばらくジーコ叩きがブームになりそうだけど、そんな時間はない。ともかく、たてなおし。そして前を向いて進んでいこう。


◆おまけ◆
ひとつ心配ごとがあるとすれば、Jリーグの観客数かな。前大会をきっかけにJを見るようになった人はたくさんいたけど(私もそのひとり)、今回はどうだろう。うーむ……。

|

« ムダな試合などない | トップページ | 16強出揃う »

コメント

全く、みいこさんの言うとおりだと思います。

投稿: おでっさ | 2006/06/23 11:54

おでっささん、コメントありがとうございます。

好き勝手に書けるのがブログのいいところですね(これでもだいぶ自重しているのですが)。おかげで、ストレスがあまりたまらずにすんでいるような気がします。そうでなかったら、こんな敗戦、とても耐えられないような。

投稿: つぴぃ | 2006/06/24 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/10644178

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコジャパンの終焉:

« ムダな試合などない | トップページ | 16強出揃う »