« 梅雨どきの多摩湖 | トップページ | ニヶ領用水に沿って »

2006/07/06

岡本太郎美術館

生田緑地にある「岡本太郎美術館」へ行ってきました。

Cimg39831
↑美術館のシンボル


昨年、多磨霊園で偶然お墓を見つけたときから、「岡本太郎」がひそかなマイブーム。というか、大阪万博の洗礼をわずかでも受けたことのある世代であれば、この名前にどこか心ひかれるものを感じるのではないでしょうか。青山にも記念館がありますが、私が自転車で行くとすれば、多摩サイルートが使える「美術館」のほうがよさそうです。なぜ川崎市に美術館が!?と疑問だったのですが、今の住所でいえば「川崎市高津区二子」の出身だったのですね。

多摩水道橋で多摩川を渡り、神奈川県側へ。勢いでそのまま「登戸陸橋」まで越えてしまいましたが、交通量が多いわりには、歩道部分が区切られておらず、けっこうビクビクもの。これで臆病者の虫がうずき出したため、わかりやすい「府中街道」ルートを避けて、向ヶ丘遊園駅付近の街中をダラダラ抜けていったのですが……。どちらにしても、人も車も多くて、あまり楽しい道とはいえませんでした。車嫌いでありながら自転車生活を続けるのは、けっこう大変なものです(笑)。ま、怖いのは最初だけで、2度目に行くとそうでもないんですけどね。

Cimg40021


試行錯誤しながらも何とかたどり着きました、「生田緑地」。しかし、意外なことに緑地内は自転車走行は禁止だとか。動植物の生態系保護のためだそうですが、こんなに広いところを歩いて行けというのか~! 等々力緑地は自転車通行自由自在だったのに~! ……と、内心文句をたれながら、矢印に従って岡本太郎美術館を目指します。徒歩にして約5分で目的地に到着。たいした坂もなく、木陰もあるので、たまには散歩もいいかな?とポジティブに考えることにしました。

Cimg39781


美術館ははるか階段の上。しかしその向こうには、何やら太郎っぽい巨大オブジェがそびえているではありませんか。そうそう、こーいうものが見たかったのよ~と、やっと元気が出てきました。

しかし閉館時間も迫っています(もっと早く来ればいいのに、というツッコミはさておき)。駆け足で常設展を見て、ミュージアムショップでお約束の「太陽の塔」グッズ(ストラップとマグネット)を買って、館内見学はおしまい。もともと下見のつもりだったので、この程度でも満足です。次回は早めに出かけて、「カフェテリア太郎」でお茶もしなくては。

Cimg39741
↑記念写真撮影用のスペース。すわり心地もなかなか


この地に生を受けた岡本太郎は、みずからの作品を市内のあちこちに寄贈しています。ニ子神社には「岡本かの子記念碑」があり、とどろきアリーナには壁画、市民ミュージアムにも作品があります。そのうち、「川崎市内岡本太郎作品めぐり」をしてみたいものです。

なお7月11日からは、なぜか「ウルトラマン伝説展」という企画展示がスタート。成田亨、高山良策の作品や、原寸大ジェットビートル(部分)の展示があるとか。夏休みということで混みそうだけど、きっと行ってしまうような気がする(笑)。次はダンナと一緒に行こう。

|

« 梅雨どきの多摩湖 | トップページ | ニヶ領用水に沿って »

コメント

大阪万博は途中で気持ち悪くなっちゃた想い出しか無いけど(笑)、太陽の塔は眼に焼き付いてます。
うぅむ、これは行かねばなるまい。
でも自転車走行禁止ってのはビンディングシューズ使いには酷だなあ。
そう云いながら、普段も結構歩いちゃうんですけどね。

今日の「ほぼ日刊イトイ新聞」のトップページに同じ椅子が出ててビックリしました(笑
http://www.1101.com/home.html
糸井家にあるのかな?
(画像が変っていたらこっち)
http://www.1101.com/cgi-bin/photolive.cgi?p=060216kimagure

投稿: waju | 2006/07/06 19:20

wajuさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

大阪万博に行かれた世代だったのですね。私も行きましたよ~。暑さと行列しか記憶にありませんが。

今日、本屋で立ち読みしていて知ったのですが、メキシコで紛失していた壁画がいよいよ今週末公開だったのですね。自転車ではありませんが、見に行こうと思っています。

投稿: つぴぃ | 2006/07/07 02:05

こんにちは。mal@川崎市民です(笑)

生田緑地内は、チャリはダメっスよ~(^^; 等々力緑地は釣堀や陸上競技場とかしか無かった場所を緑地帯として整備した場所なんで、所謂普通の公園です。

一方、生田緑地は併設する民家園共々、周辺環境を保護する目的で作られた「砦」だと思うんです。でなけりゃ、隣接する専修大やゴルフ場に飲み込まれてますって。美術館作る時も反対運動があったような。ま、そんな場所だから自然保護に対してシビアで、たしか緑地内に照明設備すら無かったと思います。

なお生田緑地ですが、登戸側-専大側のゲート間は自転車通行可です。専大側は山の上ですが、上からも巨大オブジェが眺められます(^^)

岡本太郎といえば、今晩日テレで9時から特番あるみたいですよ。
http://www.ntv.co.jp/program/index.html

投稿: mal | 2006/07/07 11:45

malさん、コメントありがとうございます!

地元のかたの情報、本当にありがたい限りです。生田緑地の自転車禁止の理由もよくわかりました。貴重な緑地だったのですね。文句を言わないでちゃんと歩こう(笑)。

日テレ番組、ツールのせいですっかり忘れていました。残念。

投稿: つぴぃ | 2006/07/09 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/10810266

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎美術館:

« 梅雨どきの多摩湖 | トップページ | ニヶ領用水に沿って »