« 「すもも祭り」 | トップページ | 悲観はしないけど »

2006/07/22

惜別の(?)ドロップハンドル

ロードバイクを購入してから、約1年がたちました。

Cimg393311
↑別れを告げる前に記念に一枚


……でも、こちらをマメにご覧のかたであれば、私がロードバイクについてほとんど言及していないのがおわかりでしょう。それもそのはず、ほとんど乗っていなかったのです! 1年たったのに、走行距離は500キロくらいかなあ(年間走行距離の10分の1以下)。宝の持ち腐れですね、はっきりいって。

その主な……というか、唯一の理由が「ブレーキを握りにくい」ということ。前傾姿勢にも細いタイヤにもすぐ慣れたけど、ハンドルだけはどうしてもダメ。前にも何度か話題にしていて、こ~んなスペーサーを入れてゴマかしてみたりしたけれど、はっきりいってずぇんずぇん私の役には立ちませんでした。とにかく、手が小さくてブレーキがうまく握れないのですよ。

私の手は、たぶん標準よりも小さめだと思います。高校のころ、クラスの女子と手の大きさ比べをやって、ほとんど最小だったくらいですから。ともかく、ドロップハンドルの上のほうからブレーキをさわっても、全然ブレーキが効きません。これはコワい。「下ハンをもてば?」なんてこと言わないでくださいね。まだ握ったことすらないんですから。

それでもいろいろ悪戦苦闘してみて、ブレーキをかけようというときは微妙にもちかえてみたりもしました。でも、それだと常に意識がブレーキのことばかり考えてしまいます。それに、ふだんはそれでいいとして、いざというときに急ブレーキをかけられるのかいな? かなり不安です。自転車に乗っていちばん疲れるのが「手のひら」というのも情けないところ(毎回、親指がつりそうになります)。

結局、1年たっても使いこなせず、結果としてほとんどロードに乗らないことになってしまいました。坂道も登りは何とかなっても、下りが怖くて仕方がない。木の上に登ったはいいけど、降りられなくなってしまった猫みたいです(笑)。

ダンナはカンパ使いの人なので、ちょっとカンパニョーロもさわらせてもらったのですが、な~んかシマノよりもブレーキがかけやす~い! ずる~い! でも、今ごろそんなことを言っても後の祭りでございます。

このままでは、せっかく清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったロードバイクが骨董品になってしまいます。かといって、ふだん乗っているビアンキのクロスバイクもちょっと物足りないといったところ。この際、自分がちゃんと乗れる自転車にしなくてはなりません。そもそもスピードを出すのがコワい私が下ハンをもつことは今後もないだろうし……となれば、ドロップハンドルにしている意味がありません。

ロードバイクといえばドロップハンドルというイメージがあって、そんな自転車に颯爽と乗る自分をイメージしていたのですが(笑)、慣れないものは慣れないし、できないことはできない。1年近く乗ってみて(乗ってないけどさ)、ドロップハンドルがどういうものかわかったからこれでよしとしよう、と決断(まぁグダグダ言ってないでさっさと部品交換すりゃよかったんですが)。

もっとも、私自身は「ドロップハンドルや~めた!」と決めただけで、それならばどうしたらいいのか?というのは、ダンナと自転車師匠が考えてくれたのですが……。

ダンナに改造をお願いしようと思っていたのですが、大事をとってくdiossに入院させることに。さて、臆病で運動音痴で極小サイズの手のひらをもつ私が楽しく乗れるロードバイクなんてできるのでしょうか。
(以下次号)


……しかし、「青赤自転車」じゃないことがバレちゃったなあ(笑)。空色が好きなんです。すみません。

|

« 「すもも祭り」 | トップページ | 悲観はしないけど »

コメント

私も身長に比べて手がちっちゃい方です。
最初は下りがつぴぃさんと同じで怖かったです。急坂は恐怖のあまり、押しちゃいました。

下ハン持ってもつらかったのですが
指2本だけのブレーキングをやめ
開き直って、どんな状況でも指3〜4本でブレーキングするようになってからは
なんとか下りもこなせるようになってきました。

ところでもうすぐキックオフですが
松本までちゃんと行けたのでしょうか?
行けたとしても、かなり大変な思いをされたんじゃないですか?

投稿: masa | 2006/07/22 17:05

そうえいば、うちの妻も、ロードに乗ってはいますが、フラットバーのところに補助ブレーキがついているのでそっちばっかり使っています。ドロップ部分は、フラットを握るのに疲れたらって感じらしいです。コンポーネントがソラだと、女性だと太い模様。つぴぃさんと同じのを試してみようかなあ。

投稿: キタキツネ+ | 2006/07/23 16:51

つぴぃさん、こんばんは。

もう帰ってこられたのかな、まだ松本かな?
きっと楽しい旅だったのでしょうね。
レポート楽しみにしています。

私もいつかはロード!と憧れておりますがドロップハンドルって
難しそうだなーと思ってます。

空色とってもきれいです、青の種類だから大丈夫!

投稿: ちうこ | 2006/07/23 21:55

masaさん、こんにちは。コメントありがとうございます~。

男性でも、最初はブレーキを握りにくいと感じる人もいるようですね。ダンナの自転車は全部カンパなので、私のロードに試し乗りをして「確かに握りにくい」とか言っていました。

松本、結局行きませんでした。ヘタレなのです(笑)。チームも負けちゃったし、もういいや~(投げやり)。

投稿: つぴぃ | 2006/07/24 12:52

キタキツネ+さん、コメントありがとうございます!

補助ブレーキは最初は検討したのですが、これをつけてしまうといつまでたってもちゃんと乗れないのではないかと思って、つけませんでした。でも、ドロップハンドル自体をあきらめることになっちゃったので、結局同じですね(笑)。

女性でガンガンロードに乗っている人を見ると、実にうらやましくなります。ないものねだりしても仕方ないですけどね。

投稿: つぴぃ | 2006/07/24 12:55

ちうこさん、コメントありがとうございます~!

松本には行かなかったのでトホホでございます(笑)。

Jリーグには水色がチームカラーのところもあるので、間違えられちゃうとイヤだなあといったところです。「ジュビロじゃなくてアルゼンチン代表だから」でごまかそうかなあ。ともかく、心だけは青赤なのです(笑)。

投稿: つぴぃ | 2006/07/24 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/10996622

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別の(?)ドロップハンドル :

« 「すもも祭り」 | トップページ | 悲観はしないけど »