« 藤岡弘をさがして | トップページ | 「磯沼牧場」 »

2006/07/18

「宅部うどん」と雨宿り

土曜日は、久しぶりにランチを食べに出かけた。

Cimg43871
↑丸型ポストが目印


ウチはとにかく「宵っ張りの朝寝坊」なので、なかなかランチにも出かけられない。せっかく早く起きたのだから、ふだんはなかなか行かれないところにしようと向かったのが「宅部うどん」だ。

多摩湖一周ついでに八国山へ行くときに必ず店の前を通るのだが、いつも閉まっている。それもそのはず、午前11時半に開店すると、売切れ次第閉店してしまうからだ(店の外観からはそう思えないが、かなり繁盛しているらしい)。かくして、私が店の前を通る午後2時以降ともなれば、常に閉まっているというわけ。この日は、開店からほどなくして入店することができた。

「宅部うどん」は、いわゆる「武蔵野うどん」の店。となれば、注文するのは当然「肉汁うどん」だ。最初、「きくや」と同じくらいの量かと思って注文しそうになったけど、ひと玉の量は「きくや」より多め。お店のおばちゃんのアドバイスを聞いて、私が「2玉」、ダンナが「3玉」で注文した。

出てきたのは「野菜の天ぷらと薬味、肉入りの漬け汁とうどん」という、典型的な「肉汁うどん」。灰色がかった麺は、一本がすごーく長く、太くてコシがあり、汁をつけずに食べても味わい深い。お腹もすいていたのであっという間に完食。3玉でもイケそうだったけど、腹八分目くらいがちょうどいいかな。「武蔵野うどん」の店は近隣にいくつかあるが、どこも閉店が早いのが難点。まだまだ食べ歩きをしたいところがあるのだが、いつ達成できるのかはさっぱりわからないけど(笑)。

Cimg43851
↑店内に飾られたピスト車


店内のインテリア(雑多にいろいろ置いてあるだけという気もするけど)は、石原裕次郎主演映画のポスターが貼ってあったり、年代もののタンスが置いてあったりとレトロ昭和風。そんな中で異彩を放っていたのが、壁に飾られた立派な競輪用の自転車。写真とサインも飾ってあったけど、誰なのかは私にはわからない。西武園競輪に出場した選手なのだろうか。

2人で食べて、お値段も1100円くらいだったのでかなり安いと思う。ちなみに「宅部うどん」は「やけべうどん」と読む。すぐ近くの狭山公園内の通称「たっちゃん池」の正式名称が「宅部池」だったかな。このあたりは昔は「東村山宅部部落」と呼ばれていたらしい。

お腹もいっぱいになったので、多摩湖を反時計回りに一周して帰ろうと出発。ところが、またも天気があやしくなり、雷鳴が近づき、雨がパラパラ降り始めた。このようすでは、天気が家までもちそうもないと判断して、選んだ雨宿りポイントは「山口観音」。多摩湖の秘境、アジアンテイストな謎のお寺である。

社務所(?)の軒下に自転車をとめ、私らはお寺の本堂方面へ。参道には屋根のある休憩所があったので、こちらで雨宿りをさせていただくことにした。椅子とテーブルもあるので、実に快適な環境だ。

Cimg43991
↑コンパクトカメラでもこれだけ写る雨は珍しい


雨はどんどん強くなりはじめ、雷鳴がとどろく。雷は私らの上空を旋回しているようで、ちっとも去ろうとしない。屋根付きのスペースだが、雨がどんどん吹き込むので全身がしっとりと濡れる。やがて、小石をバラまくような音がしたと思うと、雹が降ってきた。まさに「お天気スペクタクルショー」という感じである。

結局、40分ほど雨宿りをしてしまった(幸いにして、自転車もほとんど濡れていなかった)。

小降りになってからは、ついでに近所を散策。「狭山不動尊」にも初めて行ってみた。ここもある意味、なかなかトンデモスポットなので、いずれご紹介したいと思う(なんでこのあたりの寺はこんなのばっかなんだろう)。

Cimg44501
↑夏らしい雲だね


雨がやんで太陽が顔を出せば、それはすでに真夏の日差し。大枝・小枝が散らばり、路面からゆらゆら水蒸気が立ちのぼる中を走って帰宅。その後には、自転車洗浄が待っているのであった~。

|

« 藤岡弘をさがして | トップページ | 「磯沼牧場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/10994065

この記事へのトラックバック一覧です: 「宅部うどん」と雨宿り :

« 藤岡弘をさがして | トップページ | 「磯沼牧場」 »