« 「野沢屋」でうどんを満喫 | トップページ | プレミア開幕! »

2006/08/19

マラドーナ「10番の夜」

J:COMオンデマンドで、アルゼンチンのマラドーナ番組「10番の夜」の第1回を見てみた。

ふだんは海外サッカーと自転車レースばかり見ているので、真夏の一時期、見るものがなくなってしまう。こういう時期でもないと見る機会がない。視聴料は200円くらいだったかな。1時間半番組だ。

……いや~、おもしろかった。まさに、マラドーナの、マラドーナによる、マラドーナのための(笑)番組。彼がホストでなければ、こんな番組は不可能。第1回にはペレが登場するので、その部分のほんの一部があちこちで紹介されていたけど、これは全部見たほうがいい。

もちろん彼は司会なのだが、アシスタント役は元アルゼンチン代表GKのゴイゴチェア。背が高くて男前(しかしスカーフグルグル巻きの謎のファッション。首を負傷してるのかと思った(笑))。トークがうまくて、元サッカー選手とは思えない。ゲストも、女子テニスの名プレイヤー、ガブリエラ・サバティーニ(美人! フットテニスうますぎ!)とか、バティストゥータとか、豪華豪華。

問題のペレとの対談部分は、20分くらいはあったかな? この2人の不仲説というのは常識のようなものだったから、まずペレがゲストでやってくるというのに驚いた。ペレにとってはひとりでアウェイの敵地に乗り込むようなものだもんね。けっこう勇気のいることだ。

話の内容もなかなかスゴかった。マラドーナが「君のFIFAでの役職は何?」とかFIFAの金について突っ込めば、ペレは「90年のW杯でブラジルに睡眠薬を盛ったのは君なのか?」と質問(マラドーナの答えは「俺じゃない」。つーことは、本当に睡眠薬事件はあったのね~)。自分の息子が悪い仲間のために道をはずしていることを告白し、マラドーナのように再起してほしいと語るペレなんて、ほかの番組では見られないよ。2人の歌もよかったし(ペレの弾き語りなんて!)。

毎回、豪華ゲストが登場するので、これは全回チェックしなければ!と思っていたのだが、もうプレミアが始まってしまうし、ブエルタもある。カストロ議長の回なんかは見ておきたいんだけどね~。

|

« 「野沢屋」でうどんを満喫 | トップページ | プレミア開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/11507641

この記事へのトラックバック一覧です: マラドーナ「10番の夜」:

« 「野沢屋」でうどんを満喫 | トップページ | プレミア開幕! »