« 真夏日はのんびりポタ | トップページ | 無残ですね »

2006/08/12

どこでもベル

小心者なので、いつも謝ってばかりいる。

……といっても、これは自転車での話。ついでにいえば、本当に謝罪しているわけではない。いってみれば、挨拶。または声かけ。注意喚起。

自転車道を走ることが多いので、歩行者にいかに怖い思いをさせないか、というのは大問題。で、行きついたのは「ひたすら声をかける」というところだったりするのである。

背後からベルを鳴らされるのは、私自身が嫌いなので、自分でもできるだけしないようにしている。3人以上の集団でおしゃべりに興じているようなお子さまやオバさまがたについては、声をかけても聞こえないのでまずベルを鳴らすけど。ベルを鳴らしても、追い抜くときにとりあえずひとこと「謝る」。

「すいませーん」
「右側通りまーす」
「真ん中失礼しまーす」
「お邪魔しましたー」など、ことばはいろいろ。
お散歩中の犬をおさえて道をゆずってくれる人には「ありがとう」と言ってみたりもする。

のんびりママチャリを追い抜くときも、必ずひと声かける。自転車道みたいな場所だと車線を守らない自転車が多いから、ちゃんと通るぞ!と主張しないと、ぶつかってしまう恐れがあるのだ。歩行者は自転車以上に自由気ままに動くし、後ろも見ずに道を斜めに横断するからさらに注意が必要だ。

歩行者の立場からすれば(私だってたまには歩くのです)、音もなすぐそばを猛スピードで通り抜けるスポーツ自転車はかなり怖い。以前、至近距離でお婆さんを追い抜いていった自転車を見かけたのだが、抜かれたお婆さんはビックリしてよろめいて転んでしまった。接触しなくたって、こんなことも起こるのだ。

そんなわけで、私が自転車に乗ると謝ってばかりいるのだが、これはこれで楽しいこともある。それは、声をかけた人が挨拶を返してくれるとき。「どうぞー」とか「こんにちはー」とか、他愛のない挨拶だけど、ひとつコミュニケーションが成立すれば、気分はずっとよくなるものだ。

とまぁ、ベルはほとんど使わないのだけど、自転車にベルはつけなければいけないことになっている。ところが、私のロードには今までついていなかった。いろいろ試してみたけれど、ちゃんとつくベルがなかったのだ。

Cimg47451


でも、最近ようやくいいベルを見つけた。2本のゴムで固定するので、はっきりいって、つけられない自転車はないはず。めったにベルは鳴らさなくても、やっぱりあるほうが安心だからね。500円也。安くて便利でいいもの買った!

あと、もうひとつ重宝しているのが「鈴」かな。カウベルをつけているMTBを見かけて以来、マネをするようになったのだけど、これもちゃんと歩行者に対するアピールになるのだ。神社仏閣で買った交通安全鈴が特にお気に入り。安全に乗るためのひと工夫、ほかにもいろいろあるのかも?

|

« 真夏日はのんびりポタ | トップページ | 無残ですね »

コメント

つぴぃさん、こんにちは。

さきほどはすごい雷雨でしたね、今日は自転車に乗ってません。

私も滅多にベル鳴らしません、同じように声かけしてます。
そしてどいてくれたら感謝の言葉も忘れずに。
自分が歩道を歩いていて鳴らされるベル、威嚇されてるようでイヤな
気分になりますから。
言葉のやり取りがいいですよね、やっぱり!

鈴やカウベル、思いつかなかった!良いアイデア。

投稿: ちうこ | 2006/08/12 16:50

基本は「声かけ」ですねえ。
「通りまぁ〜す♪」のときもあれば「通ルヨーーーーッ!!!怒」のときも。。。。状況次第でトーンは変わりますが(笑

ベルは付けてませんが、代わりになるのがホイール、というかハブですね。
最初に履いてたMAVICは静かだったんですが、diossで組んでもらったホイールのハブはフリーで「シャーーーッ」って結構な音がするんです。
(別に性能が悪い訳じゃなくて重量も漕ぎの軽さも最高なんですが)
なので、歩行者の後ろで足を止めると大抵の人は気付きます。

もうひとつ、クリート(自分はシマノのSPD-SLです)を嵌めるときの音も使えます。
手前で一旦外してから「パチーン」。
ペダル側の解放強度を強くすればもっと派手な音がする筈ですが、立ちゴケが怖いので最弱のまんま(笑

投稿: waju | 2006/08/12 19:37

ちうこさん、こんばんは。コメントありがとうございます!

土曜日は、こちらのほうはそれほどの雷雨にはなりませんでした。でも、1時間おきに天気がめまぐるしく変わるので、結局ほどんど外出できませんでしたが……。

ちうこさんも大変でしたね。自転車専用のキャリアは比較的高価ですが、それだけのことはあるのかなー、と感じたりもしました。

投稿: つぴぃ | 2006/08/14 01:15

wajuさん、コメントありがとうございます。

確かに、ギアやホイールの音で気づいてもらえることもありますねー。私のママチャリはガタピシうるさい上に、鈴もついているので、大抵よけてもらえたりします(笑)。

投稿: つぴぃ | 2006/08/14 01:17

ご無沙汰しております。先週の記事へのレスですみません。

私もなるべく声掛けするようにして、ベルは道交法に従って付けているだけという意識でいます。

いつだったか困ったのは、タマサイを走るどこかの学校の自転車部。へばっているのか全く遅い。でも全長が15m超。クルマでも追い抜きに躊躇する長さなのに気付いているのは最後尾の1台で、しかも前に伝えてくれない。
みなさん、こういう時どうしてるのでしょうね…。

え? 待ちますか。すみません気が短くて。

投稿: しょうたいちょう | 2006/08/18 19:01

しょうたいちょうさん、コメントありがとうございます~!

多摩サイはいろいろな人が利用するので……中には困った事態になることもありますよね。特に、学校関係のイベント(マラソン大会とか)がいちばん困ります。ちゃんとマナーを守るように徹底してほしいなあ……。

投稿: つぴぃ | 2006/08/18 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/11394192

この記事へのトラックバック一覧です: どこでもベル:

« 真夏日はのんびりポタ | トップページ | 無残ですね »