« 看板見物の巻 | トップページ | 岡本太郎の夏、終了 »

2006/08/31

自業自得。

東京対セレッソ大阪は、2-3で敗戦。国立競技場での不敗記録にストップ。

Cimg52141
↑聖火の点火式


「監督交代」というカンフル剤の効き目は、2試合分しかもたなかったようだ。あるいは、「監督交代」という魔法がとけて、もとのダメダメなチームに戻ってしまったというか。

茂庭と徳永がいないことでDFラインにはもともと不安があったし、確かにDFはヒドかったけれども、もっとヒドいのは中盤だった……。相手チームにあんなにパスしてちゃいかんでしょう。ボールをもらっても出しどころがないのかモタモタしているうちにボールを取られたり、攻撃のチャンスを逃したりする。決定的な場面は2、3回あったけれどもしっかりハズす。最下位のチームにホームゲームとは思えないみっともない負けっぷり。3失点はすべて「身から出た錆」なのだから、負けてあたりまえだ。

対するセレッソ大阪は、わずかひと月前の対戦でウチに1-5で敗れたとは思えないチームに変貌していた。名波が加わったこと以外、チームに何がもたらされたのかは私にはわからないけれど、実に生き生きしていたね(大久保も戻ってきたけど、この試合には出ていなかった)。ボールを奪うとどんどん縦に運んで、あっという間にチャンスにしてしまう。前回の対戦では「ウチがいいというよりセレッソが悪すぎた」と書いたけれど、今回は「セレッソはよかったし、ウチも悪すぎた」という感じ。どうしたらひと月であんなに変われるのか、教えてほしいよ(笑)。

日程で文句を言っても、他チームだって同じ事情。疲れているのはわかるけど、あんなに走らなければサッカーにならないよ。本当に情けない試合だった。ガーロ時代の悪い時と変わらない惨状なのだけど、ゴール裏が熱心に応援し続けていたことだけが違う。ガーロの時も、一度くらいはちゃんと応援してやればよかったのに。

これもチームカラーのひとつだと思うけれど、東京にはガツガツした闘志というものがない。連勝していたり、コンディションがいい時はそれでもいいけど、それがない時に最後のよすがとなるのが闘志、というか、メンタル面。ウチのチームにはそれが決定的に欠けている。どこか「仲良しクラブ」的な感じで、プロに徹していない気がするんだよなー。新監督になって早くも「倉又さんは俺らのことをよく知ってるから」と、すっかり甘えが出てきているような。来シーズンに新監督を招聘するなら、厳しく鍛え直してくれるようなおじいちゃん監督を希望……。

平日の国立競技場開催にもかかわらず、2万人以上集まったというのに、ヒドい内容の試合を見せてしまった。4万人集めた花火大会の日といい、昨夜といい、「観客を集めるチャンス」の時に情けない試合をするのがわがチームのお約束なのだろうか。本当にガッカリした。

よかったこと!? 雨が降らなかったこと。以上。
(ゴメン、今日はとことんネガティブです)

|

« 看板見物の巻 | トップページ | 岡本太郎の夏、終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/11700238

この記事へのトラックバック一覧です: 自業自得。:

« 看板見物の巻 | トップページ | 岡本太郎の夏、終了 »