« 「時をかける少女」 | トップページ | 大熊ジャパン(笑) »

2006/09/04

柳瀬~新河岸~黒目川ポタ

柳瀬川~新河岸川~黒目川と、川をたどるポタリングをしてみました(これまたひと月も前でした!)。

Cimg47771
↑おなじみ朝霞水門。釣り人もけっこういてビックリ


参考書は「埼玉・千葉自転車散歩」の「コース03 武蔵野台地水みち巡り」。本には「タイヤの細い自転車(ロードバイク等)で走る場合はハンドルを取られないよう注意が必要だ」とあったのでロードでもよかったのかもしれませんが、大事をとってMTBを選択。以前、柳瀬川沿いの未舗装路は走ったことがあって、ロードではとてもムリ!という印象があったからです。

実際に走ってみての印象は変わらず。MTBで行ってよかった。特に、柳瀬川と黒目川をつなぐ新河岸川沿いの道はオフロードのほうが多く、路面も砂利だったり凹凸が激しかったりで、しかも草ボーボー……。ま、私が根性ナシということもありますが(笑)、MTBでないと楽しいサイクリングにはならないなーと痛感いたしました。パンクのリスクを負うのもイヤだしね。

ガイドブックとは微妙にルートを変えて、空堀川からのスタート。空堀川は途中で柳瀬川となり、関越自動車道をくぐったあたりからオフロードになります。でも、MTBなのでラクラク走行。それにしても、この日は暑かった!

Cimg47671


こちらが、柳瀬川と新河岸川の合流地点付近にある「旧村山快哉堂」。明治時代につくられた薬屋さんの店蔵だそうです。村山快哉堂は、大正・昭和の全盛時代には家伝薬の販路を台湾や朝鮮半島にも広げたほど繁盛したとか。薬屋というよりは製薬メーカーでもあったのですね。金曜~月曜の10時~3時半までは開館しているそうですが、私らは例によって遅いので間に合わず(笑)。この場所は公園にもなっていて、きれいなトイレも併設されています。休憩におススメ。

Cimg47711
↑ここからが新河岸川。カモとアヒルと、ガチョウ?などでにぎやか


つづいては新河岸川沿いを走ります。のんびり景色を楽しみながら……と思いきや、意外と殺風景。しかも、工場や工事現場が多い場所なので、周囲をやたらとトラックが通ります。土手沿いに車が入ってくることはないのですが、土煙もスゴいし、路面は荒れてるし……。なお悪いことに、この日は「光化学スモッグ注意報」発令日(防災無線で連呼していました)。気温も高いし、「やられたかも……」という感じになってしまい、どんどん気力が奪われていったのでした(笑)。

Cimg47721
↑新河岸川沿いのオフロード。MTBでもあまり楽しくない……


やっと、朝霞水門までたどり着きました。この後は黒目川沿いに出て戻ればいいだけ。でも、この辺もトラックがどかどか通って、空気もよくない……。黒目川沿いの道もオフロードがありますが、こちらのオフロードはロードバイクでも走れる程度のレベルでした。ともかく、ここまで帰ってくれば、私の庭も同然(嘘)、ひと安心です。コースガイドでは平林寺と野火止用水をめぐっていますが、くたびれたのでひたすら黒目川沿いを走って戻りました。

荒川へのルートを探すという意味では有意義でしたが、楽しかったかどうかと問われればビミョ~だった今回のポタリング。特に私にとっては「おいしいものがある」とか「水がきれい」とか「名所旧跡がもっとたくさん」とか、プラスアルファがないと、あまり気分が盛り上がらないのです(笑)。ま、そもそも光化学スモッグ注意報が出るような8月のくそ暑い(笑)日に、木陰があまりない川沿いのコースを選んだ私が悪い。冬ならもっと楽しめるかもしれません。

うーむ、荒川へロードで行く時はどうしようかな~。オフロードを走らないルートを見つけられれば、柳瀬川沿いがいちばん無難かも……。

|

« 「時をかける少女」 | トップページ | 大熊ジャパン(笑) »

コメント

この前朝霞水門(らしきところ)行きましたよー。自転車で。
こちらは北区から川を上っていく感じでした。

朝霞で用事があったのでチャリで行ってみたんですが、帰りが夜になってしまい、暗がりの中の自転車は怖いなぁ、と思ったものです。

投稿: jin31110 | 2006/09/04 22:08

jin31110さん、はじめまして&コメントありがとうございます。東京ファンの方からの自転車記事へのコメントはうれしゅうございます。

荒川へ気軽に行かれる場所にお住まいのようですね。実にうらやましい限りです。サイクリングロードには街灯がなく、夜には真っ暗になってしまいますので、かなり怖いですね。事故に注意してくださいね~。

投稿: つぴぃ | 2006/09/05 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/11757843

この記事へのトラックバック一覧です: 柳瀬~新河岸~黒目川ポタ:

« 「時をかける少女」 | トップページ | 大熊ジャパン(笑) »