« 多摩湖の秋の空 | トップページ | 平山が来る »

2006/09/10

またもふがいない敗戦

東京対甲府は、1-3で敗戦。ホーム・味スタでの勝利はいつになるのか。

感想を書くのもイヤになるくらい、ヒドい試合内容。悪いところは、セレッソ戦と同じ。パスはつながらず(ミスパスばかり)、走らず、気力のないプレイばかりが目立った(ナオとルーカスは別)。

怪我人続出で、メンバーがそろわないという事情はわかる。それならば、代わって出た選手は奮起するべきではないだろうか。帰宅してからいつものようにプレミアを見ていたけれど、そういえばプレミアで気力のないプレイってあまり見たことがないような……。尻に火がつきはじめているのに、弱いのに、劣っているのに、なぜ頑張ろうとしないのだろう。まさか「降格したら移籍すればいいや」と思っているわけじゃないだろうね。

東京はもともとスター選手のいないチーム。それをカバーするのが、より走り、より頑張るという部分ではなかったのだろうか。中でも、テクニックがあるとされる選手たちのなまけぶりが際立って、よけいに情けなかった。どこで間違ってしまったのだろう。ナビスコ杯を獲ったあたりから、ずっとどこかが間違っているような気がするのだけど……。

選手層が薄いという現実にも、改めて直面させられた思い。今節のスタメンには、私が東京を見始めたころの主力メンバーがずらずら。エキジビション・マッチだったらうれしかったかもしれないけど、さすがにこれではキツい。残酷なようだけど、4年という歳月はサッカー選手にとってはあまりにも長い。ジャーンのパフォーマンスでさえ落ちているように感じられるのに、他の選手たちであればなおのこと……。

甲府の選手たちはよく走り、ボールを奪い、ボールを回してしっかりサッカーをしていた。試合終了のホイッスルの後、疲労で倒れこむ選手がいたが、東京の選手はそれほどに走ったのだろうか? 走らず、ボールがつながらないのではそもそもサッカーにすらならない。それでも後半には何度も惜しいシーンをつくっていたが、「こんなのが入るわけがない」とものすごく冷めた目で見てしまっていた。サッカーの神様は時に理不尽な結果をもたらすけれど、たいていの場合は「より頑張ったチームにそれなりの報酬」を与えてくれるものなのだ。

倉又東京になって、これで2勝3敗。3連敗である。敗戦の内容がどんどん悪くなっていることが気がかりだ(人材がいないということはさておき)。思えばガーロの時代も、時折、目の覚めるような快勝をしたかと思うと、次からグダグダな連敗、というローテーションを繰り返していた。つまり、何ら変わっていないのだ。監督だけを代えたところで、根本的な解決など無理ということ。今シーズンはもはや「降格さえしなければ良し」という段階だけれど、フロントには来季のために今からしっかり対策を練っておいてほしいものだ。

そういえば、昨年の今ごろも同じような思いをしていたな~。特に、ナオが大怪我をして、ルーカスが脳震盪を起こしたあたりがどん底だったように思う。それに比べれば、今はちょっとマシなのか? あるいはこれからもっと悪くなるのか。なんだかだんだんよくわからなくなってきたよ。

ハーフタイムには、9月9日(救急の日)にちなんだ、人命救助のデモンストレーション。「東京を救命してくれよ~」と思ってしまった人は、たぶん私だけじゃないはずだ(笑)。


そうそう、後ろの席の男の子(小学校低学年?)が、大声で「お~んなよりも~しごとよりも~東京~」と歌っていたのにはちょっと笑った。意味なんてわからなくてもとりあえず歌うよね(笑)。

|

« 多摩湖の秋の空 | トップページ | 平山が来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/11828398

この記事へのトラックバック一覧です: またもふがいない敗戦:

« 多摩湖の秋の空 | トップページ | 平山が来る »