« 2分間の愉悦 | トップページ | 意外と重傷で »

2006/10/02

日々勉強だね

東京の惨敗に加え、日曜日はあまりいいことがない日だった。

味スタからは多摩サイルートで帰宅したのだけれど、帰り道でダンナがコケた。立川付近の裏道、ちょっとした上り坂(立川崖線ですね)でのできごと。

自転車の前輪がふれてしまって、そのままの状態だと回らない。街灯はあるけれども、周囲は真っ暗だし、とりあえずブレーキをリリースした状態で走ることに。ダンナも足首捻挫状態で、まともに歩けないのだが、不思議なことにペダルだけは踏める(自転車ってスゴい!)。前輪ブレーキなし、フレフレホイール、捻挫足首のまま、10キロばかり走って無事に帰り着くことができた。

コケたときに(落車というほど勇ましいものではないような)、周囲に人も車もいなくて本当によかった。パンクもしなくてよかったし、自転車を漕げる状態だったのも、自転車がほぼ無事だったのもよかった。ペダルを踏み込もうとしてクリートがはずれたそうだが、捻挫程度ですんでよかったよかった、というポジティブシンキングなのである。


捻挫用の処置グッズが何もなかったので、日曜日は自転車で近くのスポーツ量販店へ、テーピングやサポーターを買いに行った。アイシングと固定で、ずいぶんラクになった様子。午後からは雨が降ってきたこともあって、結果的にはいい休日になったのではないだろうか。

せっかくなので、フレたホイールでパンク修理の練習をしてみた。ダンナの指導を受けながら、チューブをはめたりはずしたり。何度かやっているうちに、だんだん手順は覚えてきたかも。新品のタイヤじゃなければはめられるかなあ。ま、本番の時は屋外だし、精神的にも動揺しているだろうし、どのくらいちゃんとできるかわからないけど(そもそも後輪のホイールの脱着にも不安が(笑))。

以前、課題としていた「左足をつく練習」も、ママチャリではかなりできるようになった。ただし、5秒以上前から「これから左足をつくぞ」と言い聞かせていないとできない(笑)……ということは、とっさのときはやっぱり右足をついてしまうのだけれど。クロスバイクでもまぁまぁできる。ロードだと軽すぎて、重心をとるのがなかなかむずかしい。

ずっと「何かあったらダンナ(か誰か)にやってもらおう」と思ってきたけれど、これからもずっと自転車で遊んでいたいので、少しは自分でできないと……とようやく思うようになった(自転車生活4年目でやっとです。すみません)。これからは遠出をするようになるかもしれないしね。歩みは引き続き亀のようにのろいけど、あせらず少しずつ前に進めれば、と思っている。

|

« 2分間の愉悦 | トップページ | 意外と重傷で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12110478

この記事へのトラックバック一覧です: 日々勉強だね:

« 2分間の愉悦 | トップページ | 意外と重傷で »