« 江ノ島一泊旅行・1 | トップページ | 祝・無失点試合 »

2006/10/28

江ノ島一泊旅行・2

「自転車で江ノ島へ行くぞ!」と気負って出かけてきたものの、思っていたより簡単に鵠沼に着いてしまって拍子抜け。サーファーをながめるのもほどほどに、とりあえず江ノ島へと向かった。歩行者専用の弁天橋は大混雑なので、車道を走るほうが気持ちがいい。

(追記:後で知ったのですが、江ノ島大橋は自転車走行は禁止です。他に走っていたロードバイクがいたこともあって、知らずについ走ってしまったのですが……。次の機会がありましたら、もちろん歩行者用通路を押して通るつもりです)

Cimg55761
↑海を見ながら乾杯なのだ


宿は「恵比寿屋旅館」。江ノ島の入り口からすぐのところにある老舗旅館である。2年前にも泊まったのだが、食事もおいしくホスピタリティあふれるいい宿だったので、すっかりファンになってしまった。ふだんの旅行で宿泊にこれだけお金をかけることはないのだが、2食分の食事の内容を考えるとむしろ安いといえるだろう。

Cimg54401
↑今日はここで1泊

Cimg54691
↑部屋からは海が見える


自転車で行くことは電話で伝えておいた。が、案内された駐車場にちょっと問題が。建物の1階なので当然ながら屋根はあるのだが、自転車をくくりつけられるような構造物がない。幸い、ダンナが交渉力を発揮、勝手口から入った屋内に駐輪させてもらうことができた。ここなら鍵をかける必要さえない(かけたけどね)。小心者の私ひとりであれば、そのまま駐車場で我慢していたかもしれない。ありがたいことである。

泊りがけの自転車旅行での最大の心配は、駐輪の問題。自分の自転車がいかに貴重であるかを普通の人に納得してもらうのは、なかなか大変なことのようだ。値段の問題ではないのだけれど、ちょっと大げさに「高い」とアピールするといいみたい。「忌野清志郎さんの160万円には及ばないけど……」なんて言ってみたり(笑)。ともかく、この問題さえ解決してしまえば、後は大手をふって遊びに出かけられるというものだ。

江ノ島は小さい島で、自転車で島を一周することはできない。観光スポットに行くにも、階段を上り下りしなくてはならないのでやはり自転車には向かない。自宅と江ノ島を往復するだけで疲れてしまうだろうと思っていたので、もともと自転車観光は予定していなかった。これから帰路につくまでは自転車には乗らず、ひたすら散策する予定なのだ。

まずは定番「江島神社」。前回は雨だったので辺津宮までしか行かなかったが、今回は奥津宮まで。太平洋を一望できる「魚見亭」ではテラス席に座って、「江の島ビール」で乾杯である。地ビールなのかと思いきや、製造者は「新潟麦酒株式会社」(笑)。うーむ、せめて神奈川県産の地ビールならよかったのに。江ノ島なのはラベルだけというのもなんだが、まぁおいしかったからいいか。

Cimg54941
↑江ノ島は龍神様の島

Cimg55001
↑肉眼では、うっすら富士山も見えたのだが

Cimg54771
↑江ノ島は猫の島でもある


いろいろ観光はしたけれど、自転車でまわったわけではないので割愛。1泊2日もいて、それでもすべてを見物したわけではないのだから、小さいながらも見どころいっぱいの島だ。人気のしらす専門店「とびっちょ」は大行列だったので断念。そもそも旅館の食事がボリュームいっぱいで、それ以上に何かを食べたいと思わなかったのも原因なのだが。江ノ島の温泉「えのスパ」も料金が高すぎて、今回はパス(温泉に入るだけでひとり2650円というのはちょっと……)。でも評価は悪くないので、そのうち行ってみてもいいかな。

帰りは境川の上流に向かって走るのだし、東京側に抜ける際には坂を登らなくちゃならないし……とちょっと不安だったのだが、まったく苦労することなくあっさり帰ってきてしまった。こんな私でも、知らないうちに体力がついていたということだろうか。ともかく、無事に帰ってこられてめでたしめでたし、なのだ。

Cimg55961
↑定番のアイスもちゃんと食べましたよ!


次回は、江ノ島ではなく、海岸側に泊まって湘南観光をしてみようか。ウチから湘南まで自転車で来ても、周囲を自転車散歩する余力があることがわかったわけだし、もっと足を伸ばしてみたい。坂が多いけれど、鎌倉見物も楽しそうだし……な~んて、早くも次の計画をたてつつあったりして(笑)。自転車で1泊旅行というのはめったにできないけれど、楽しさは格別。できれば年に一度は行ってみたいものだ。

|

« 江ノ島一泊旅行・1 | トップページ | 祝・無失点試合 »

コメント

楽しそうで良かったですね。

弁天橋の車道は軽車両走行禁止だったりします。標識が非常にみづらい場所にあり、しかも、見付けた時にはもう引き返せない場所にあるので、気付かずに車道を走ってしまう自転車も多いです。

弁天橋は歩道は人が多くて自転車では走れないし、車道を自転車が走れない理由はないので、車道を走らせてくれてもいいと思うんですけどね。実際、市だか県だかに働きかけている人もいるようです。

投稿: tosh | 2006/10/28 11:27

いい旅行でしたね、ビールも美味しそう
(新潟産ですが・・・)美味けりゃOKですよね

鎌倉もいいですよー、ちょっと坂がありましたが。
自転車で行けると思います。一泊なら余裕ですよ。

飯田牧場のアイスはいいですねー。
私、実は食べてないんです。(それどころじゃなかった)
次は必ず食べたいですね。

投稿: keith | 2006/10/28 22:07

toshさん、コメントありがとうございます!

弁天橋の車道は自転車通行禁止、まったく知りませんでした。ちょうど着いたときに、自転車の一団がサーっと走っていったので、見習ってしまいました。何せ、歩道のほうはお祭りの縁日のときのように混雑していたものですから。

ご教示、ありがとうございました。

投稿: つぴぃ | 2006/10/28 23:54

keithさん、コメントありがとうございます!

自転車の楽しみイコール地ビール……じゃなくて、地アイスですよね~。私の地元、多摩湖付近にもありますので、ぜひ一度おいでください~。

投稿: つぴぃ | 2006/10/28 23:56

宿泊まりのサイクリング、快適で楽しそうですね。
宿で飲むビール、美味しかったことでしょう。

境川CR、一度は走って海まで行ってみたいです。

投稿: nuruhati1559 | 2006/10/29 21:45

nuruhatiさん、コメントありがとうございます!

いえいえ、私こそ、nurihatiさんのキャンプツーリング記事をいつも指をくわえて読ませていただいていますよ……。

境川CRは、のんびり派でも「しっかり走りたい派」でも両方満足できる道だと思います。ぜひ一度走ってみてください!

投稿: つぴぃ | 2006/10/30 00:55

江ノ島大橋は軽車両通行禁止ですよ。

投稿: | 2008/07/11 22:32

名無しさん、古い記事を読んでくださってコメントをいただき、ありがとうございます。

私も当初は通行禁止ということを知らずにこのエントリーを書いてしまいました。その後、2006年10月の別のコメントで教えていただき、初めて知った次第です。あれから江ノ島には行っていませんが、もし行くとしたら歩行者用の道を自転車を押して通ることになると思います。

投稿: つぴぃ | 2008/07/12 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12423684

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島一泊旅行・2:

« 江ノ島一泊旅行・1 | トップページ | 祝・無失点試合 »