« 祝・無失点試合 | トップページ | ダチョウにたじたじ »

2006/10/30

荒川渡ってサッカー観戦

大宮対東京戦を見るため、自転車で駒場スタジアムへ行ってきた(今日は長いよ~)。

Cimg60611
↑カッコいい幸魂大橋


ルートを熟考すること約ひと月(笑)、ポイントは「どこで荒川を渡るか?」である。といっても、選択肢は3つしかない。秋ヶ瀬橋か、幸魂大橋か、笹目橋だ。いろいろ迷った末に、東京外環自動車道の側道をためしてみることにする。前日に圏央道の側道をしばらく走り、これが意外と快適だったためだ。自動車専用道の側道は、実は怖くない道の穴場だったりするのである。

それだけ決まれば、いつものように「車が少なそうな道」をトロトロ進むのがワタシ流。観戦グッズももたなきゃならないし、長時間駐輪もするので、サッカー観戦はクロスバイクと決めている。ハンドルバーに取り付けたリクセンカウルのショッパーミニにいろいろ放り込んで、キックオフ3時間前に出発。今日も単独観戦である。

おなじみ黒目川沿いの道を進み、途中から大泉学園方面へ。このあたりは、新座市、朝霞市、練馬区、和光市が隣接しているので、自分でもどこを走っているのかよくわからなかったりする(笑)。まもなく外環の側道に出るので、あとは道なりに行けばいいのだ。

……結論からいえば、このルートは失敗だった。側道とはいえ、交通量が多くて道が狭く、自転車で車道を走るのは私にはムリ。広めの歩道を行くことにしたが、途中でいやおうなしに歩道橋に追い込まれたりもして、ちっとも楽しくない。しかも、意味のないアップダウンもあって、疲労だけがたまる。うーん、帰りはやめておこう。

Cimg60401
↑ここから橋が始まる。橋の入り口は5%の坂


やっとのことで「幸魂大橋」に到着。自転車走行ができない橋だったらどうしよう?と心配していたが、広い歩道があってひと安心。しかしデカい橋だなー……と、橋を見上げてしばしボーゼン。

Cimg60441
↑「さきたまおおはし」と読むとは知らなかった


外環側道ルートは好きな道ではなかったが、この橋を渡ることができたのは収穫だった。荒川と荒サイと彩湖が一望できる景観はすばらしい。二度と来ないかもしれないので(笑)、たくさん写真を撮っておくことにする。それにしても、橋だけで2キロですよ!? こんなに長い橋を渡ったのは初めてだ。

Cimg60491
↑はるか下に見える荒サイ。朝霞水門があんなに小さく見える

Cimg60591
↑初めて見た彩湖。デカい~!


荒川を渡れば、第一関門突破という気分になる。この後も外環の側道を進んだが、こちらは走りやすかった。側道というよりは、まるで大型車の駐車場。めったに車が来ないから、こんなになってしまうのだ。ドームのようにそびえる外環道と、違法駐車車両が並び、ゴミが散らばるうらぶれた側道。正直いって、あまり楽しい風景ではない。

京浜東北線の線路付近まで行ったら、後は線路に沿って進む。線路沿いの道は一方通行が多く、車が少なくていい感じ。すいすいと南浦和を通過し、あっという間に浦和駅。青赤グッズを身に着けた人を見かけてホッとする。頭がすっかり自転車モードになっていたが、そういえば、サッカー観戦に来たんだった(笑)。

ゴールまではあと少し。地図で予習しておいた通り、一方通行の道から「藤右衛門川通」へ。ここも車がほとんど来なくて実に快適。あっという間に到着である。荒川を渡った後は早かったな~。

心配していた駐輪場についても、問題はなかった。制服姿の人に「駐輪場はどこですか?」と聞くと「このへんですね」とのあいまいなお返事(笑)。その通り、自転車はそのへんに適当にとめられているのだった……。等々力もそうだったけど、なんだかおおらかというか、いいかげんなのね。


帰りは、真っ暗になる前に見知った道に着いておきたかったので、勝利の余韻に浸る間もなく出発。それにしても、観客数1万人というのは、混雑がなくてラクなものだ。

Cimg60701
↑ドブのような水が流れる笹目川。高架は新幹線のもの


帰りは、東北新幹線の高架下あたりから、笹目川沿いを走ることにする。ともかく私の場合、困ったら「川沿い」か「線路沿い」なのだ。こちらも車がほとんど来なくて実にスムース。笹目川沿いを走っていれば、迷うことなく笹目橋にたどりつくことができるのもありがたい。でも、川はお世辞にもきれいとは言いがたいのだが……。

Cimg60741
↑笹目橋。自転車でも走りやすい


笹目橋を渡る。幸魂大橋は、荒川サイクリングロードをはるか見下ろすところにあったが、笹目橋は荒サイと交差する。荒川沿いを走りたい場合は、笹目橋のほうが便利そうだ。実際に走ってみないと、こういうことはわからない。

荒川を越えればあと少し。ここまで来ると日没との競争だ。白子川沿いを経て、黒目川に戻ってきたときにはすでに真っ暗になっていた。黒目川沿いは住宅街のため街灯があるのだが、それでも怖い。スピードはまったく出せず、安全走行だけを心がけて、6時20分ごろ帰宅。真夜中走行をしていたような気分だったけど、まだ6時だったのね~。ともかく、無事に戻れてやれやれである。往復約65キロ、緊張しまくりの夜走行で、精神的にクタクタなのだった。

ほんの半年前までは、多摩サイ沿いに等々力へ行くことにも躊躇していたのに、今回は浦和まで行って帰ってくることができた。だいぶ「自転車力」が上がってきたようで、つい自画自賛してしまう。誰が誉めてくれるというわけでもないので、「今日はこれだけ走れた」「前より車が怖くなくなった」などと自己満足することが、私の自転車生活の原動力になっているのかもね(笑)。


本来の大宮のホーム、「大宮公園サッカー場」は、駒場よりもさらに数キロ遠い。自転車で行くかどうかについては、季節とキックオフ時間次第かな。帰りを輪行にするという手はあるけれど、混んでいる電車だと気を遣うしね。ま、そんなことは来年考えればいっか。

|

« 祝・無失点試合 | トップページ | ダチョウにたじたじ »

コメント

こんにちは。
なんと、浦和までいらしたのですね~。お疲れさまでした!
幸魂大橋は長~~いですよね(笑)私も初めて通った時には「長っ!!」とびっくりしました(^^)


投稿: uba | 2006/10/31 22:10

ubaさん、コメントありがとうございます~。

もともとサッカーを見に行くために自転車に乗り始めたので、観戦のためならどこへでも!という気持ちだけはもち続けたいと思っております。

幸魂大橋、実に眺望がいいですね。それまでのイヤな道の苦労が消し飛んでしまいました。今度は彩湖のまわりを走ってみたいなあ。荒川はほとんど走ったことがないので、まだまだ楽しみがたくさん残されていそうです。

投稿: つぴぃ | 2006/11/01 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12487641

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川渡ってサッカー観戦:

« 祝・無失点試合 | トップページ | ダチョウにたじたじ »