« 浅川で寄り道 | トップページ | 江ノ島一泊旅行・1 »

2006/10/26

U-21代表 対中国戦

U-21代表交流戦 日本代表対中国は、2-0で日本の勝利。

Cimg59711
↑チラシとポスターはなぜか青赤なのだった


小平にも行かれなかったので、せめて国立には!と観戦グッズをバッグに入れて仕事に行ったのに、結局間に合わなかったよ~。結果は知っていたけど、帰宅してから地上波観戦。日本シリーズ延長中継のおかげで、最初から見ることができた。

東京からは、伊野波、梶山、平山がスタメン出場。伊野波はキャプテンでもある。東京ファンとしては、これだけでももうけものなのに、梶山と平山の2得点で勝利とあってはおなかいっぱいである。

とはいえ、試合そのものはなんだかまったりしていた。しっかり見ようと思いながらも、なんだか眠い展開で集中できない(すみません……)。でも、ボールはよくつながるし、迷わずシュートを打つし、見ていてストレスのない試合というのはいい。チームに思い入れがないから、こうして他人ごとのように見られるのかもしれないけど(地上波の中継とは思えないまったり実況のせいもあるのかも。しかし「ヴェルディ川崎」と2回も言っていてウケた)。


前半のゴールが梶山のヘディングというのも珍しいが、後半の平山のゴールは実に珍妙だったし、ゴールパフォーマンスには絶句させられた(笑)。いや~平山は本当にスターだね。ところどころ光るプレイを見せてくれるのに、もっさりしていてミスも多いし、やっぱりまだまだのろい。高校サッカーで見たときは「大きいのに速いなー」と思ったような記憶があるんだけど……。ともかく、いいんだか悪いんだかわからないけど、決めるときもあるし、どうにも憎めない。やっぱりちょっとクラウチっぽい。こんなにおもしろい子が東京に来てくれて、これからがますます楽しみだよ。ヒロミに代わるアイドルになってほしいね(笑)。


入場者数は約2万1千人。「スター不在でチケットが売れていない」とさんざんマスコミがあおっていたが、U年代の、しかも親善試合でこんなに入るなんて上出来だ。今まで不相応な美辞麗句で代表を盛り上げていたくせに、実力どおりにW杯で惨敗した後はてのひらを返して新体制や選手たちを批判する。しかも当のJFAのエラい人がその片棒を担いでいるのだからまったくどうしようもない。バブルがはじけて正常に戻った時点において、若い代表の実力を見極めたいと思うサッカーファンがこんなにもいるのだ、ということをもっと正当に評価するべきだ。

それにしても、北京五輪をめざす選手たちは恵まれているね。代表戦やJで活躍すれば、A代表への道も開けているのだから、きっとモチベーションもあがることだろう。本来これがあたりまえなのだけれど、アテネ世代のときは、A代表への道がぶち切られていたのだ。「谷間の世代」なんて呼ばれていたけど、谷間にしちゃったのは誰なんだよ? アテネで辛酸をなめた選手たちにはぜひ奮起して、2010年の中心になってもらいたい(特に石川……)。

|

« 浅川で寄り道 | トップページ | 江ノ島一泊旅行・1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12434557

この記事へのトラックバック一覧です: U-21代表 対中国戦:

« 浅川で寄り道 | トップページ | 江ノ島一泊旅行・1 »