« 冬の始まり | トップページ | 惜しい!アジアユース »

2006/11/12

6分間の奇跡

Jリーグ第30節 東京VS川崎フロンターレは、5-4で東京の逆転勝利。先のガンバ戦以上に劇的な展開のゲームが見られるとは!

ガンバ大阪相手にドラマチックな逆転勝利を飾り、アウェイ大宮戦は内容はともかく勝ち点3を確保し、天皇杯では怒涛の7得点と、終盤に来て急に盛り返してきたわがチーム。優勝戦線に残る川崎との試合であっても「そう簡単には負けないような気がする」と、根拠のない自信をもって観戦してしまうあたりが、我ながら現金というかお気楽というか。ひと月前だったら「今シーズンはもう味スタでは勝てないかも」と弱気だったのに(笑)。

だから前半7分で失点しても平常心でいられたし、17分で1-2にされても「まだまだ」と思っていた。でも、前半終了時で1-3、後半が始まったとたんに1-4では、階段を下るがごとく気分も盛り下がってきてしまう(しかもほとんどの失点が、ウチのミスが原因だ)。それでも内容は悪くないし、ガンバ戦なみの大逆転がありうるかも!?と、どこか期待をもってしまうのが、今の東京の勢いというもの。

だが、5-4という大逆転の原因をつくったのは、3点リードして楽勝ムードだったはずの川崎だった。あのまま普通の試合運びを見せていれば、東京がいくら猛攻を仕掛けていてもこの結果にはならなかったはずだ。

「目に余るほどの時間稼ぎ」。川崎が陥ったのは、勝つために自分たちが仕掛けた作戦だった。こればかりは本当にひどかった。最近は揶揄するようなコールを自粛しているゴール裏が「川崎ウンコターレ」と歌うのもむべなるかな。時間稼ぎは後半から目につくようになったが、ひとり目が退場した後は輪をかけてひどくなった。東京が規郎や平山を投入して超攻撃的になってからは、まともな試合にならないほど。

こうなると、単に東京を応援するというよりは「フェアな試合を見せろ」という気持ちが強くなる。奥谷レフェリーのジャッジはいつものように良くなかったけれど、両チームに対して対等に良くなかったと思う(石川は倒されまくっていたのにファウルにすらならないし、PKをもらえるはずの場面もあった)。ほとんどの川崎サポは「レフェリーに試合を壊された」と思うだろうが、私には「自業自得」「自滅」と映ったね。

最後の10分の怒涛の攻撃とゴールラッシュ、その他もろもろのパフォーマンスやできごと……については、とても書き切ることができない。ところどころ断片的な記憶があるけれども、すべてを時系列にまとめることができないし、現時点では冷静に記述することなんてムリ。あの高揚感と熱狂は、反芻するだけでも心が熱くなる。あの場にいた人たちはみんな同じ気持ちだったことだろう。

この試合のMVPは、もちろん今野。宮沢のゴールが決まったあと、宮沢、ルーカス、平山がゴール裏まで走っていってしまったのだが、今野が必死で「戻ってこい」という仕草をしていたのが印象的だったし、うれしかった。だって、貴重なロスタイムをムダになんてできないものね。この日も、DFにMFにFWまでやっちゃうスーパーな活躍。ふと気がつくと、いろいろな場所に今ちゃんがいてボールをさばいているんだもんなあ……。試合後のコメントを読むと、彼の存在はまさにキャプテンそのもので、本当に頼もしい。ガンバ戦以降「有言実行」を貫いているところもカッコいい。浦和戦でも引き続き「有言実行」で頼みますよ!

試合後の選手たちの喜びようを見て、またも心が熱くなった。サッカーの神様はときどきこういうすばらしい瞬間を与えてくれるもので、だからこそ私は飽きることなくスタジアムに通ってしまうのだろう。この体験は、まさしく中毒になってしまうほどの強烈な快感をもたらしてくれるのだ!

MXで録画をしなかったので、Jスポの放送が楽しみ! スポーツニュースのハシゴも楽しみ! 翌日のスポーツ新聞も楽しみ! なんで4失点もするんだ?とかいろいろ文句もあるけれど、しばらくは帳消しで素直に喜びたいし、余韻に浸りたいなあ。


◆追記:選手雑感◆
平山、よかったねえ。「東京のクラウチ」になれるかな?と思っていたけれど、全盛期のカヌーみたいなところがある。ぬめぬめしていて、つかみどころがない。相手を挑発する気の強さがあるところもいいね。
規郎は復活以来、シュートの精度も上がっていると思う。何よりボールの威力がスゴい。今日はあまり見せ場がなかったけれど、次回に期待!
GK&DFライン&梶山:もっと頑張りましょう。

◆追記:スポーツニュースハシゴ雑感◆
川崎視点なのは仕方がないとして、「ジャッジのせいで川崎が負けた」ような印象の編集には納得できない。関塚監督、姑息な遅延行為をせずに正当にプレーしていれば、アナタたちは普通に勝てたんですよ。

◆さらに追記◆
初めて隣の席の見知らぬ人とハイタッチしてしまった。U席も熱いです。楽しかった。

|

« 冬の始まり | トップページ | 惜しい!アジアユース »

コメント

楽しかったですね(^^)
私も青赤マフラーをして新宿を歩いていたら
知らない人に、マフラーを指差されて
「おめでとう」と言われました♪

投稿: ピロ | 2006/11/12 02:14

ピロさん、コメントありがとうございます!

帰りのタクシーで、運転手さんに「よかったね」と言ってもらえてうれしかったです(笑)。手放しで喜べる内容じゃなかったけれど、やっぱりうれしい~。

投稿: つぴぃ | 2006/11/12 11:45

僕も変なオッサンとハイタッチしちゃいました(ノ∀`)

投稿: よちおっくす | 2006/11/13 19:43

よちおっくすさん、コメント&TBありがとうございます!

普段はいろいろ自制しているのですが、すべてが吹っ飛ぶような勝利でしたもんね~。先ほどJスポの放送で見直したのですが、TVの画面では実際にあったことの半分も伝わらないものなのですね……。やっぱりスタジアム観戦が最強だわ~。

投稿: つぴぃ | 2006/11/14 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12649099

この記事へのトラックバック一覧です: 6分間の奇跡:

» J30節 東京5-4川崎ウンコターレ 「大逆転勝利!!!」 [FC東京 A席でも熱つーい!いやーんバっカーん]
←大逆転劇にランチキ騒ぎ中(笑)大々逆転勝ち!!奥谷審判も要研修でしょ。でも、、、、なにしろ川崎の自滅で勝ちました!ロスタイム6分なんてJで初めてみたよ (*_*)川崎は、よりダーティな鹿島って感じだったな (-_-メ)2人退場なんて、優勝狙うチームにはありえない。ま....... [続きを読む]

受信: 2006/11/13 19:53

« 冬の始まり | トップページ | 惜しい!アジアユース »