« 「川の名前」は? | トップページ | U-21代表交流戦 »

2006/11/21

「ふれあい下水道館」

小平市の「ふれあい下水道館」へ行ってみました。

Cimg62011
↑下水はどこへ行くのかな?


ポタリングのテーマのひとつとして「自転車で行く社会科見学」というものを考えてみましたので(笑)、その一環です。というか、骨折ダンナのリハビリポタのほうが主目的かな。ふだんは「距離が稼げないから」という理由で、あまり近場の施設には出向かないのです。

いや~、ここは穴場でした! 
今まで行かなかったのは損!でしたね。しかも無料でガラ空きです。まさかここまで下水道と「ふれあい」ができる場所だったとは!

まず気になったのは、入り口の張り紙。
「館内の気圧が下がるため、ドアーを開け放しにしないで下さい
(下水の臭いが充満します)」
この注意書にはどういう意味があるのだろう?と思いながらも、普通に入場。館内は暖かく、ポタリングのついでに立ち寄るにはいい感じ。1階の入り口を入った後は、地下への階段を下りながら展示を見ていくことになります。

Cimg62131


小平市のこの付近は標高が高く、1階部分が「標高83m」です。ダンナはさっそく標高データをNIKE製の腕時計「LANCE4」に入力。データによれば、味スタの2階席はここよりも標高が低いということになるのです。なんだか不思議だ~。

江戸時代から現代に至るまでの下水の展示を見ながら、地下5階まで。展示はとてもわかりやすくかつおもしろく、もっとじっくり見たいものばかりでした。生活していく上で欠かせないものでありながらも、普段はまったく意識することのない「下水」。江戸時代のシステムのすばらしさや、都市における下水整備がいかに重要なことかがよ~くわかりました。下水管に負担をかけないような生活をしないとね……。

Cimg62081


しかしクライマックスは地下5階にありました。この二重ハッチの重い扉の向こうには……
本物の下水管。

見学者は下水管に直接渡された足場から、間近に本物の下水を見ることができるのです。
足下では、鉛色の下水がゴーゴーと音を立てながら流れています。

あー、この下水の中に、私のウンコも含まれているのか……。
ここに落ちたら、確実に死ぬな……。
いや、ここに1時間いるだけでも死ぬかも……。
あまりの熱気と臭気に、頭の中がモーローとしてきます。

スゴい臭いとはいえ、身体に害のない気体であることがデジタル表示のデータで示されているのですが、とてもそうは思えません。
もう耐えられない。
私と下水のふれあいは、わずか数十秒で幕を閉じたのでした。
したがって、まともな写真もナシ。あの迫力は生見学でないと理解できないでしょう。
ちなみに、作業の都合上「12時~13時」の間はハッチが閉鎖されているそうですので、下水道だけ見たい!という方はご注意ください。

Cimg62041
↑もっと巨大感が伝わるように撮ればよかったよ


下水に圧倒され、呆然としながらエレベーターで一気に1階へ。ほんの数十秒とはいえ、身体に下水の臭いが染み付いてしまったような(気のせいです)。入り口の注意書の意味も、ようやくわかりました。この建物では、下水の臭気が外に出ないように気圧を調整しているのですね。


「ふれあい下水道館」は、玉川上水と府中街道が交差するあたり、「久右衛門橋」近くにあります。建物内部に入らなくても利用できるトイレもありますので、ポタリングの際は重宝するかも。でも、一度は「生下水道」体験をおススメします。実に実に、いい社会科見学になりました。

|

« 「川の名前」は? | トップページ | U-21代表交流戦 »

コメント

こんにちは。
このような施設があるとは、知りませんでした。
いや~、楽しそうですねぇ。行ってみたいです。

投稿: nuruhati1559 | 2006/11/21 16:50

す、すごい!この様な施設があるなんて初めて知りました。
社会科見学好きなウチの夫が知ったら、きっと行きたがるに違いありません。
下水管見学には勇気と覚悟がいりそうですね(^_^.)

投稿: uba | 2006/11/21 17:18

「自転車で行く社会科見学」ですか。良いテーマですね。

では、次は↓なんてのはどうですか?
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/motto/pr_tama.htm
或いは↓こちら
http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/area/museum/index.htm
どっちも面白かったですが... ダンナさんのリハビリには遠すぎますかね(^^;

小平といえば先日、粟野園ってトコで柚子1袋100円で買いました(^^)

投稿: mal | 2006/11/21 17:43

実際の下水管の中にはいると、映画に出てくる下水管の中での逃走シーンの嘘っぽさを感じるよね。

投稿: 通りすがり | 2006/11/21 21:44

nuruhatiさん、コメントありがとうございます!

それほど遠くないので、ぜひ一度見物しに行ってください! ただし、体調の悪い日はやめておくほうがいいかも(笑)。

投稿: つぴぃ | 2006/11/22 02:13

ubaさん、コメントありがとうございます!

社会科見学は大人になってこそ楽しいものですよね~。今はだいぶ成熟した自転車乗りになりましたのでもうしませんが、以前はビール工場見学もしちゃいました。反省しきりです。

投稿: つぴぃ | 2006/11/22 02:15

malさん、コメントありがとうございます!

ダンナの骨折以前に、私の体力的にまだそこまでたどりつけないような気がいたします。来年あたりは大丈夫かな? 奥多摩にはぜひ行ってみたいですねえ。

投稿: つぴぃ | 2006/11/22 02:16

通りすがりさん、コメントありがとうございます!

いや~、ここの下水管は「アクション映画」よりも「ホラー映画」のほうがピッタリでした。毒々モンスターとか(笑)。

投稿: つぴぃ | 2006/11/22 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12757980

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふれあい下水道館」:

« 「川の名前」は? | トップページ | U-21代表交流戦 »