« せっかく守ってたのに | トップページ | ホーム最終戦雑感 »

2006/11/25

決戦前日

いよいよ明日が、Jリーグホーム最終戦だ。

この試合が東京に与える影響はといえば、表面的にはほとんどない。順位が少し動くかもしれないが、それだけの話だ。降格もないが、優勝もないし、「中の下」になるか「下の上」になるかといった程度のことだ。

でも、私の気持ちはまるで違う。2年前のナビスコ決勝のときのような気分なんだよね。大げさかな。いやそんなことはない。

対戦相手は、再び浦和レッズ。しかも、彼らにとっては、引分けでも優勝が決まるという大一番だ。

対する東京はといえば、ホーム最終戦。試合終了後には、いつものようにささやかなセレモニーがあるだろう。そしてもうひとつ。長らく東京の10番を背負ってきた、三浦文丈の引退挨拶があるはずだ。

私が東京を見るようになったのは2002年のW杯前後から。残念ながら、三浦選手の全盛期の活躍を見ることはできていない。記憶にあるのは、常に負傷と戦いながらもピッチに立つ努力を怠らなかったひとりのベテランの姿だ。そして、コメントや報道からうかがえたのは、彼こそがチームの精神的支柱であったということ。底力はあるくせに時に信じられないもろさを見せる若いチームを叱咤し、鼓舞し続けたのは他ならぬ三浦文丈だったということ。来シーズン、そんな彼の姿を味スタのピッチ上で見ることはない。

もし浦和の優勝が決まってしまったら、東京サポよりも多いに違いない浦和サポは熱狂するだろう。ピッチに飛び降りる奴もいるかもしれない。わがチームはとどこおりなくセレモニーをとり行なうことができるのだろうか。三浦選手がフル出場した数日前の横浜戦(彼の古巣でもある)で引退発表をしたほうがよかったのではないだろうか。

だが携帯サイトのコメントによれば、横浜戦の時点では、彼は引退を心に秘めてはいたものの、チームの誰にも伝えていなかったという。きっと、すべてを見越して、あえてそうしたのだろう。チームのモチベーションを上げ、ホーム最終戦を勝利で飾るために……。考えてみれば、Jリーグ優勝の最有力候補と全力でぶつかれるなんて、引退試合としては最高のお膳立てじゃないか。

昨年の原監督の「お別れ会」。笑いに包まれたセレモニーの席上でひとり泣いていた三浦選手を思い出す。明日、彼は私たちに何を伝えてくれるのだろうか。それをしっかり受け取るためにも、私たちは明日、負けるわけにはいかない。味スタのピッチが土足で踏み荒らされるのを許すわけにはいかない(芝を守るためにも、通常は靴の裏を消毒してからでないとピッチには入れない。以前、ビグフレの企画でピッチに立つことができた時に初めて知って驚いたものだ)。

失うものは何もないはずだけれど、最後の砦は守らなくてはならない。2年前、ナビスコ杯を手にしたが、そのときは試合そのものは引分けだった。今回は、引分けではダメなのだ。久しぶりに、浦和に勝ちたい。全力での試合を期待しているし、きっとそうなると信じている。


で、私もSOCIO入場の時間に間に合うように(初めて!)出かけるつもり。毎年、買うだけでほとんど着ることのないレプリカももっていこうかな。その前に、これからインフルエンザの予防接種。体調を万全にして頑張るぞー。

|

« せっかく守ってたのに | トップページ | ホーム最終戦雑感 »

コメント

つぴぃさんがその気合いなら絶対大丈夫です。
東京は勝ちます!
絶対勝って下さい。
ホームスタジアムを守って下さい。
日産スタジアムから応援しています。

投稿: 境川のmasa | 2006/11/25 19:08

masaさん、コメントありがとうございます~。

今日は早寝して明日に備えます。なんだか休日のほうが平日より疲れるような気が(笑)。

投稿: つぴぃ | 2006/11/25 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12815202

この記事へのトラックバック一覧です: 決戦前日:

« せっかく守ってたのに | トップページ | ホーム最終戦雑感 »