« 「じてんしゃ日記」 | トップページ | 今週の小平見学 »

2006/11/29

いろは坂ふたたび

先月の「関戸橋フリマ」の帰り、自転車仲間とともに多摩丘陵の坂へ行ってみたのだった。

Cimg59641
↑「記念館通り」の上。連光寺というお寺があるわけではないらしい


自転車はロードバイク。48-34という最低限のコンパクトドライブをつけているくせに「坂はツラいから前3枚にしたい~」と弱音を吐いている私だが、本当に大改造が必要なのかどうかを見極めてみたかったのだ(なりゆきで行ってしまっただけという気もするけど)。

まずは聖蹟桜ヶ丘の「いろは坂」。ここは約1年前にも同じ自転車で登ったことがあるので、少なくとも登れることだけはわかっている。1年たつと、自転車には慣れるけれども年齢的にはトシをとるわけなので、それほどラクではないだろうという予想。

ところが、意外なことにあっさり登れてしまった。前もって「この坂は700メートルくらい」とわかっているせいもある。メーターを見ながら「あとこのくらい」と思うと、ペース配分もできる。それに、1年前とはいえ一度登ったことがあるので、なんとなく記憶が残っている。カーブを曲がるたびに「ここは「い」か「ろ」かどっちだろう?」なんて考える余裕すらあった。

そんなわけで、すぐに帰るつもりだったのだが調子に乗って次の「記念館通り」へ。こちらは聞いたところ900メートルくらいらしい。道幅はいろは坂よりずいぶん狭く、いきなりの急斜面。のろいのでいちばん最後に漕ぎ出すが、さすがにこちらはかなりキツい。

いちばん困ったのは、後ろからも前からも車が来ていた時。ぎりぎり一車線しか幅のない急坂で、のろい自転車が通り過ぎるのを2台の車がじっと待っている。小心者の私としては、いったん止まって車を通したくなるのだが、ここで止まってしまっては二度と漕ぎ出すことはできないだろう……と、心を強くもって(笑)進みつづけた。あとはメーターを見ながら「あと少し」と自分を励ます。全体の距離がわかっているのはとても心強い。

うーむ、このくらいの坂なら今のギアでも登れるのかー……とわかったことが最大の収穫。あと、昨年よりもラクにいろは坂を登れたことは素直にうれしかった。このトシになっても、何か進歩しているものがあると思えるのはいいことだ。

多摩丘陵ではそんなにツラくないのに、武蔵五日市ポタで苦戦してしまうのは、そもそもたどり着くまでに足を使っているからではないか?との指摘も受けた。確かに、多摩サイまでは10数キロだが五日市までの距離は倍。いざ坂を登ろうとする時には、気づかないうちに疲れてしまっているのかもしれない。一度、武蔵五日市まで輪行して確認してみようかな。

今回登った坂は、どれも1キロ未満。距離が短かったから登れたということもある。自転車師匠によれば、5キロくらいは登らないと坂の練習にはならないそうだ(私レベルなら2キロくらいから始めてもいいとのこと)。いやそもそも坂の練習をするつもりなんかないってば(笑)。坂を登るのは、必要に迫られて。坂の上においしいものがあるとか、観光名所があるとか、そういうときのためであって、断じて坂を登ることが目的になるわけではない。

でも、やっぱりときどきはいろいろ確認するために登ってみたくなることもある。体力が落ちてないか、少しは進歩したのか、今の自転車のスペックでの不満は何なのか。あと、そのうち相模湖くらいは行ってみたいしな~。ま、トシをとりすぎないうちに少しずつね。

|

« 「じてんしゃ日記」 | トップページ | 今週の小平見学 »

コメント

こんにちは。
府中に住んでいる頃、夫に「大丈夫、大丈夫」と騙され、聖蹟のいろは坂に小径車で挑んで玉砕した事があります(笑)
すぐに小径車では無理!と悟り、途中から夫が乗っていたMTBと交換して何とか上りきったものの、心臓バクバク!頂上でしばらく動けず・・坂に完敗しました。
あの頃は、まさか数年後に自分がロード乗りになるとは思ってもいませんでしたが、ここでの"ぎゃふん"体験が私の自転車デビューの原点の様な気がします。

つぴぃさんの記事を拝見して、あのいろは坂を懐かしく思い出しました。
機会があったら、訪れて挑んでみたいです(^^)
今度はあの坂を征服出来る事を信じて(笑)

投稿: uba | 2006/11/29 20:04

ubaさん、コメントありがとうございます!

そうそう、坂ってだまされて登らされるものですよね(笑)。今のubaさんなら楽勝でしょう。ぜひまたおいでくださいませ。

それにしても「耳をすませば」の自転車シーンはウソばっかりですね(笑)。あそこを二人乗りのママチャリで登れるとは思えない。

投稿: つぴぃ | 2006/11/30 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12863289

この記事へのトラックバック一覧です: いろは坂ふたたび:

« 「じてんしゃ日記」 | トップページ | 今週の小平見学 »