« いろは坂ふたたび | トップページ | 今週の多摩湖 »

2006/11/30

今週の小平見学

小平グランドで、FC刈谷との練習試合を見学してきた。

Cimg64811
↑いつのまにか人工芝まで敷かれていた


例によって、見たのは最初の2本だけ。両方とも、試合時間は30分だった。

1本目のメンバーは、ほとんど浦和戦と同じ。ただし梶山と馬場がいなくて、代わりに宮沢と栗澤。馬場は次節出場停止だから納得なのだが、梶山はどうしていないのだろう。練習場にも姿が見えなかったような気がする。

GKはもちろん塩田。浦和戦のパフォーマンスを考えれば、至極あたりまえのこと。いい時は代えないのが鉄則だからね。彼のパフォーマンスからは、自信と誇りがうかがえるほど(逆に土肥ちゃんが心配になっちゃうんだけど)。コーチングの声もすごくわかりやすくて、聞いているだけでも楽しい……ほとんどの場合、上に固有名詞がつくからだ。

「クリ、下がるなー」「ミヤ、残れ」「フジ、中入れ、中入れ!」などなど、先輩も後輩も区別はない。そりゃそーだけど、なんかちょっと不思議な気分。なるほど、そんなふうに見てるのね~と、見学するほうもいちいち納得である。ほとんどの選手が2文字で呼ばれているのだが、今野だけは「今ちゃん」なのがちょっとかわいい(笑)。

そんなわけで(どんなわけ?)今日はその他の選手たちの声もよく聞こえていて、なかなかいい感じだった(ジャーンの日本語での指示を聞けるのもあとわずかなのだろうか?)。浦和戦で一皮むけたというか、ちょっと新しい方向に進化し始めたような気がしちゃうんだけど、ひいき目かな。

得点は、1点目がルーカス(よく見てなかった)、2点目が石川。石川の得点は、右サイドの角度のないところから決めたもので、すごくいい得点。今日は珍しく徳永とのコンビネーションもよかったよ。

2本目は、メンバー総取っかえの布陣。33番は小澤のはず(顔も小澤だし)なのになぜDFライン(右SB)にいるんだ?と思っていたら、数分後には違う人になっていた(36番:吉本)。あれは一体なんだったのだろう。今シーズンはアウェイの千葉戦で、戦術面からとはいえちょっと気の毒な交代をさせられてからはチャンスもなく、本来のポジションではない理不尽な使われ方をされている。大丈夫だとは思うけれど、くさらずに頑張ってほしい。

左SBにはまたも知らない選手、28番。帰宅してから確認したら、彼がシンガポール帰りの鈴木健児だったのね(髪も伸びて、昔の写真のイメージとは別人だったし)。本来のポジションはMFらしいが、左サイドをどんどん上がっていってシュートまで打っちゃったりしてなかなか面白かった。2本目では、シュートがポストやクロスバーに当たることはあっても、ゴールにはならず。

引退セレモニーの余韻がまだ冷めないけれど、フミさんもしっかりプレーしていた。あと、金沢選手がボールを使った練習をしていたのが見えて、うれしかった。


ここで見学を切り上げて帰途につく。昨日は本当に暖かくて見学日和だった。こんなに気持ちよく見学できるのも、今シーズンはこれが最後じゃないかな。小平の練習場にはもみじ系の木が何本もあるが、どれも紅葉鑑賞にはいまひとつの状態だった。来週あたりなら、小平で紅葉狩りができるかも。造成中の新しいグランドには人工芝が敷かれていたが、あの人工芝ではサッカーはムリ(だと思う)。どんなふうにできあがっていくのかも楽しみだ。

帰りは立川でも寄ろうかと新小金井街道を南下していったのだが、異常な数の警察官にビックリしてしまった。ものものしい雰囲気で、「警備」と書かれた立て札やポールが用意されている。後でわかったのだが、この日、小平のブリヂストン東京工場に皇太子殿下が見学にこられていたそう。なるほどね~。でもなんでタイヤ工場なんかに!?

|

« いろは坂ふたたび | トップページ | 今週の多摩湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12870370

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の小平見学:

« いろは坂ふたたび | トップページ | 今週の多摩湖 »