« 勝利に等しいドロー | トップページ | 久々、多摩湖自転車道 »

2006/11/02

再び、ママチャリの日々

先週は、私にしてはいろいろ頑張りすぎたので、今週はまったりママチャリの日々なのでした。

Cimg60751
↑大量に落ちた栗。ウニの群れのようだわ……


スポーツ自転車に乗り慣れると、ママチャリなんか乗っていられなくなる人が多いようですが、私の場合はいつまでたっても「ママチャリはリラックスできる乗り物」だったりします(もともと軽量&あちこち改造済みのせいかもしれませんが)。スピードを出さなくてもいいし、野菜の無人販売所で買い物もできるし、な~んとなくホッとしてしまうんですよねえ。

とはいえ、ちょっとヒヤッとした体験もありました。ほんの10キロくらいだしいいや~とばかり、普通のスニーカーを履いてママチャリで出かけたところ、いつのまにか靴のヒモがほどけてクランクに絡まってしまったのです。

だんだん靴がキツくなっているような!?と思って足元を見たときはすでに手遅れ(笑)。クランクをまわすごとにヒモが絡まり、ついには片足がまったく動かせない状況になっていました。あわてて自転車を止めて、無事なほうの足をつけてしばし観察。スニーカーの紐が単純に絡まっていることがわかったので、クランクを逆回転させて事なきを得ましたが……。

自転車用の靴に紐がない(あるいは紐を固定できる)理由が、やっとわかりましたよ~。のんびりママチャリだったので何ごとも起こらなかったけれど、クロスバイクをマジメに走らせていたら、ちょっと怖い事態になっていたかも。こんなおバカな体験をするのは私だけかもしれませんが、自転車に乗るときは靴も選びましょう……たとえママチャリであっても。

Cimg60371
↑暖かい毎日だけど、もうサザンカの季節(大泉中央公園)


で、日々お世話になるママチャリに感謝を込めて、こちらもチェーン交換いたしました。ママチャリの場合はあまり素人がいじらないほうがいいということで、いつものdiossにて……。今まで、後ろのネジで調整してもらってもすぐにチェーンがたるんできてしまっていたのですが、これですごく快適になりました。なんというか「チェーンリングの歯車にチェーンがしっかり絡み付いて動いているなー」という実感があるのですね。

このママチャリ(スーペル号というのです)で走り続けてまもなく4年。さすがに最近は50キロ走ったりすることはなくなりましたが(笑)、30キロ程度ならまだまだ行ってしまいます。出かける前にいちいち空気を入れなくてもいいし、家の中から出してこなくてもいいので、ともかく簡単なのが強み。私のママチャリ生活はまだまだ続きそうです。

|

« 勝利に等しいドロー | トップページ | 久々、多摩湖自転車道 »

コメント

栗の毬すごいですね~
中身は入っていたんでしょうか?

ママチャリのメンテは結構てこずるというか面倒です(^^;
なので、ほったらかしになる期間が長いです。

投稿: きーじぇい | 2006/11/02 12:01

きーじぇいさん、コメントありがとうございます&お怪我の具合はいかがでしょうか。

関越側道沿いの工事現場付近にあった栗の木なので、管理もされておらず、放置状態でした。中身が入っていたにせよ、虫食いがひどくて食べられないかもしれません。ちょっと自転車で進入するのが怖いような場所でした(笑)。

投稿: つぴぃ | 2006/11/02 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12521028

この記事へのトラックバック一覧です: 再び、ママチャリの日々:

« 勝利に等しいドロー | トップページ | 久々、多摩湖自転車道 »