« ホーム最終戦雑感 | トップページ | 「じてんしゃ日記」 »

2006/11/27

実り多きホーム最終戦

Jリーグ第33節 東京対浦和レッズは0-0のスコアレスドロー。
ガンバ大阪がロスタイムに得点して勝利したため、浦和の優勝は最終節にもちこされた。

Cimg64571
↑そうだまだ天皇杯があった


「塩田~! 時間をムダにするな~」と叫ぶまもなく、あっさり試合終了の笛(笑)。
静まり返るスタジアム。アウェイゴール裏が微動だにしない。ピッチサイドのカメラマンたちがわらわらと走っていくのが見えるだけ。

「浦和の優勝じゃないの?」と他会場の結果が気になるが、当然携帯はつながりにくくなっている。やがて、ガンバ戦の結果が発表され、東京のゴール裏が歓声をあげた。あのときの静寂が支配した奇妙な時間のことは、なかなか忘れることができないだろうと思う。

その後も大多数の浦和サポは帰る気配も見せなかったが、ホーム最終戦での恒例行事もつつがなく行なわれた。三浦文丈選手の涙の挨拶にはスタジアム全体から拍手がおくられ、「You'll Never Walk Alone」が流れる中、場内一周をするフミさんは、まずアウェイゴール裏へ走っていって頭を下げた。サポートするチームの枠を超えて、サッカーを愛する者たちがひとりの選手に惜しみなくエールを送ったすばらしい場面だった。


2年前のナビスコ杯決勝のときのような気持ちでこの試合を迎えたのだが、不思議なことに同じような結果になった。ただし、今回は退場者も出なかったし、どちらかといえば東京のほうが優位に試合を進め、何度も決定的な場面を演出していたと思う。スタジアムでは引分けで満足してしまったたけれど、ウチに帰ってビデオを見直したら「勝てた試合だったな~」と痛感してしまった。

ソリッドないい試合だった。東京の選手は集中もスタミナも途切れることなく、90分間走りぬいた。ファンとして誇りに思える内容だった。これだけのいいゲームができて、それができるクオリティの選手がいるのに、なぜ15位なんて「下の上」に甘んじているのか、さっぱりわからない。0-0だったし、派手さはまったくなかったけれど、大逆転劇を演じたガンバ戦や川崎戦よりも、実りある濃い試合だったと思う。

中でも、馬場と梶山はすばらしかった。この2人がともに本領を発揮できれば怖いものナシだ(それが滅多にないところが問題なのだけど)。梶山のアレは、まさに「縄抜けの術」という感じで、昨日は何度も目を見張ったし、実に楽しませてくれた。それに、馬場は本当に成長したね。身体でぶつかりに行くことも恐れず、よく走り、いい守備をしていた。怪我さえしなければ、まだまだ伸びていく選手。外見もずいぶん男っぽくなって、頼もしさも増した。これからが本当に楽しみ。

そして、Jリーグ初出場となった塩田。スタメン発表で名前を見た時は、間違いではないかと思ったくらい。彼がいいパフォーマンスをしていることは十分知っていたけれど、土肥の記録更新がかかっている以上、少なくとも今シーズンでリーグ戦を戦うことはないだろうと思っていたから。

初めて守るJの試合が浦和戦というのも相当なプレッシャーだったと思うけれど、塩田はよく頑張った。引分けだけれど、MOMといってもいいかもしれない。リーグ戦でホーム無失点だったのは……と調べてみると……あれ? もしかして開幕の大分戦以来だったりする?(わー、そんなに失点ばっかりしてたのか。そりゃ15位に沈むわけだわ) ところどころ危なっかしいところがあったり、ゴールキックがうまく飛ばなかったりしてたけど、そんなのは経験を積めば解消される問題。東京の新守護神として、次節もしっかり守ってほしい。

この日も選手交代枠を余らせる采配だったけれど、塩田のスタメン起用が最大のサプライズだったのであまり気にならなかったかな(笑)。


半分以上の観客席は赤で埋め尽くされていたし、応援の声量も向こうがまさっていたけれど、昨日は東京側も頑張った。選手たちと同様、ゴール裏も頑張らないとこのチームはいいパフォーマンスができないのだ。かき消されるかと思ったユルネバもコールもよく聞こえていた。ホーム最終戦でいい結末を迎えることができて、本当によかった。「終わりよければすべてよし」っていうじゃないか。フミさんの引退表明も、明らかにひとつの起爆剤となったんだろうね。

あと、試合前の「スタジアムへいこう」がゴール裏で合唱されていてちょっとうれしかった。子供ファンにぜひ合唱してもらいたいし、わりと好きな曲なのだが(時々、自転車に乗りながら歌っていたりする(笑))、ゴール裏はあえて無視していたようにも見えたので……。決戦の舞台には似合わないほのぼのとした曲調が、昨日の場では逆に効果的に働いていたようにも思う。


ホーム最終戦が終わってしまったので、私の今シーズンのスタジアム観戦もたぶん終了。まだリーグは1節残っているのに、なんだか気が抜けてしまった。もちろん、天皇杯のことは忘れていないけれど、味スタに行くわけじゃないものね。一応、年末と元旦は予定しておきますよ~。でもそのころには、新体制が発表になっているのだろうな……。時季監督問題や、SOCIO更新などもろもろについては、また改めて。

|

« ホーム最終戦雑感 | トップページ | 「じてんしゃ日記」 »

コメント

途中経過を携帯で見ていて、東京頑張ってるなぁと思ってました。
運営もしっかりしていたようで、3月の浦和戦で、試合開始前に急遽アウエー側のホーム自由席を1ブロック浦和に明け渡したウチのクラブと違って、うらやましい限りです。おまけに内容も良かったようで、何よりでしたね。

投稿: 境川のmasa | 2006/11/29 04:25

masaさん、コメントありがとうございます!

東京側に空席があったことが報道されていますが、別にいーじゃん!と思いますね。アウェイの浦和では、東京サポはいつも狭苦しいスペースに押し込められているわけですから、お互い様です。私が実際に見たトラブルはなかったので、大丈夫だったのではないかと思います。

で、横浜さんは奥選手を手放してしまうのですか。ついこのあいだ得点を決められたばかりで、こんないい選手をサブにおいとくなんて反則だ!と思ったばかりなのに。

投稿: つぴぃ | 2006/11/29 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/12842255

この記事へのトラックバック一覧です: 実り多きホーム最終戦:

« ホーム最終戦雑感 | トップページ | 「じてんしゃ日記」 »