« サイボクハム&まきばの湯 | トップページ | ダイエット気分 »

2006/12/12

側道走ってサイボクへ

日高市のサイボクハムまで、自転車で行ったときの備忘録。

Cimg59951
↑偶然こんな風景に出会うとうれしくなります


今回、同行してくれた友人にルートはおまかせ。後をついていけばいいというのは、気持ち的にものすごくラクでした。ふだんはひとりで行動することが多く、方向音痴を補うためにしょっちゅう止まって地図を確認したり、何か見つけては写真を撮ったりしているものですから……。それなりにスピードを出しても怖くならないし、おかげで早く着きますしね~。

コースは、狭山湖堤防~狭山湖通り~所沢入間バイパスの歩道~圏央道側道……というもの。所沢入間バイパスはかなり交通量が多く、とても車道を走れるような気がしません。ただし、歩道はわりと広くほとんど段差がないので自転車でも走りやすい道でした。段差のない歩道なんて、本当に珍しいですよ。

Cimg59931
↑見えるのは圏央道。この先から側道に入っていきます


圏央道の側道は、車がほとんど来なくてまるで自転車道のよう。こんなに走りやすい側道もあるんですねえ。別の道路を横断する際には注意が必要ですが、気持ちよく走れます。すべての高速道路の横にこんな道がついていたら、もっと遠くへ行けるんだけどなあ。

距離は往復で60数キロ。思っていたより近かったです。ただし、自転車で走る風景はそんなに楽しいものではありません。所沢入間バイパスは車だらけで排気ガスくさいし、圏央道側道は走りやすいけれど殺風景です。霞川や入間川を越える橋はありますが、はっきりいって川の風景はどこも同じだし(笑)。ひとつだけうるおいがあったとすれば、圏央道に入ってまもなくのところにあった「ポニー牧場(正式名称不明)」くらいでしょうか。

それでも、自転車仲間たちとこうして遠出(ええ、私にとっては遠出ですとも)できるのは楽しいものです。ひとりや2人で行くのとはまた違った発見がありますし、自転車の勉強になりますから。サイボクハムへ自転車で再訪することはないと思いますが、ここにたどり着けたことで「また一歩進歩したぞ!」な~んてひそかに自己満足してしまったのでした。

|

« サイボクハム&まきばの湯 | トップページ | ダイエット気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/13040053

この記事へのトラックバック一覧です: 側道走ってサイボクへ:

« サイボクハム&まきばの湯 | トップページ | ダイエット気分 »