« 青梅・釜の淵公園 | トップページ | 高円宮杯(U-15)準決勝 »

2006/12/27

ボクシング・デイ

プレミアリーグ チェルシーVSレディングは……なんと2-2の引き分け!

スカパーで観戦中、豪雨で映像が途切れがちになり、ほんの10秒ほど画面が真っ暗になってしまった。で、映像が回復したと思ったら、なぜか2-2に。こんなこともあるんだねえ。

昨シーズンまでのチェルシーは、1-0でリードしていたらそのまま勝てるチームだった。でも今季は違う。それを如実に感じさせる試合になってしまった。選手層が厚いチームだとばかり思っていたのに、気がつくと右SBもCBも足りない。ドログバひとりに頼るだけのFWだって不安がいっぱいだ。

後半ロスタイム、チェルシーの攻撃中に鳴り響く、試合終了のホイッスル。何も攻撃中に笛吹くことないぢゃん!と思ったのだが、モウリーニョは抗議することもなくレディングの監督と握手をかわしていた。こんなモウリーニョを見るのは珍しい。よほど、今のチーム状況に満足していないのだろう。

今までも、チームをやめるときはわりとあっさりと去っていってしまっていたので、チェルシーでも同じような結末を迎えるのではないかと心配になってしまう。個人的には、せめてベンゲルくらいの年数を務めてほしいのだが。

実況解説は金子爺と横浜FC監督・高木琢也のコンビで、爺実況にはストレスたまりまくりである。高木解説は相変わらず面白くはないけれど、横浜を優勝させ昇格に導いた実績は光り輝いている。発言になんとなく説得力が感じられるのも不思議だ(笑)。

それにしても、ホームでのレディング戦ではツェフの敵をとってほしいと思っていたのでものすごく残念。今シーズンの開幕ゲームを見た直後に「チェルシーの次にレディングを応援する」などと書いたものだが、まさかそのレディング相手にこんなに苦戦を強いられることになるとは。

で、その後に見たユナイテッドは、王のような危なげない試合。悔しいけれど、見ていてもシンプルで面白い。また勝ち点で離されてしまったし、ますます悔しい。プレミアの年末年始は厳しいスケジュールなだけに、そのチームの本当の強さが明らかになる。チェルシーが3連覇できるかどうかも、ここで決まるかも。


◆おまけ◆
相変わらず外では雨がごうごうと降っているのだが……。天気次第で、西が丘へ行く予定。足はもちろん自転車である。さすがに11時のキックオフには間に合わないと思うけど、第二試合からなら見られるかも、早く天気が回復してくれるといいなあ。

|

« 青梅・釜の淵公園 | トップページ | 高円宮杯(U-15)準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/13214604

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシング・デイ:

« 青梅・釜の淵公園 | トップページ | 高円宮杯(U-15)準決勝 »