« ボクシング・デイ | トップページ | 西が丘観戦ポタ »

2006/12/28

高円宮杯(U-15)準決勝

高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 準決勝 FC東京U-15深川vsガンバ大阪ジュニアユースは1-4で東京の敗戦。FC東京U-15むさしvsSSSジュニアユースは3-0で東京の勝利。

Rimg0020_01


早くも東京欠乏症だったところにこんな試合があるとなれば、もちろん見に行くしかない。今年、U-18は2試合見に行ったが、U-15は初めて。まったく予備知識もないし、どんな試合なのかわからないけれど、百聞は一見にしかず。深川には間に合わなかったが、むさしの試合は最初から見ることができた。

いや~、思っていたよりずっと面白かった(勝ったせいもあるのか?)。「U-15」なんてまだ中学生ぢゃん!?と思ってたけど、東京のユニフォームを着た子たちはやっぱり東京の選手だったし、ピッチ上で展開するゲームはやっぱりフットボールだった。あたりまえか。でも、中学生でもレベルが高いんだね。ぜんぜん知らない世界だったので、ちょっとビックリしたよ。

前半は、たぶん東京の選手の父兄たちがいる席のそばで観戦。自分の息子がこんな晴れ舞台に立っていたりしたら、そりゃ熱くなるよな~と思ったりする。ゴール裏では、おそらくベンチ入りできなかったメンバーたちが声をそろえて東京の応援歌を歌っている。このあたりはU-18と同じ。他のJクラブユースでどうなのかは知らないが、こうしてユースチームの子たちが同じ応援歌を歌う光景はすごく好きだ。

 *「おんなよりも仕事よりも東京~」も歌ってた(笑)。でも途中から、さすがに歌詞が合わないと感じたのか微妙にオリジナルバージョンに。他にもいろいろ歌っていて、聞いてるだけで楽しかったよ。相手が遠方(札幌)のチームだっただけに、西が丘はホーム状態だった。

前半は、相手チームが風下に向かって攻める。東京はボールは支配するものの、なかなか決定機がつかめない。逆に、数少ないチャンスを生かした相手のシュートがポスト直撃したりするのでヒヤヒヤもの。前半37分にようやく得点……と思ったらまもなく前半終了。なるほど、試合時間は40分だったのね(今ごろ知ったりして)。

席は日陰だが、12月下旬だというのに気温が20度もあるのでむしろ気持ちがいいくらいだ。ただ、次第に風が出てひんやりしてきたので、後半は日向のバックスタンドへ移動。ところが風はますます強くなり、結局、風をかわす席を求めてあちこちさまよってしまった。

後半58分に東京がPKを決めて2-0。ただし、遠くで見ていたので状況はよくわかっていないのであった。その後は、すっかり波に乗った東京は余裕の試合運び。U-15初観戦の東京ファンも、安心して見ていられるようになった。3点目のヘディングは実に見事だったしね。それにしても、選手交代枠っていくつあるんだろう。東京は結局7人も交代していてビックリなのだった(GKも!)。

こうして、むさしはめでたく決勝進出。29日にはガンバ大阪ジュニアユースと対戦する。舞台は国立競技場だし、ぜひ観戦したいのだが、天皇杯準決勝のチケットを買わなくてはならないらしく、どうも見に行けそうもない。高円宮杯だけ見たいのであって、別に天皇杯はどうでもいいんだけどなー。こういう大会運営ってどうなのよ?とJFAに文句のひとつでも言いたくなるよ。

そうそう、プレス席には後藤健生さんの姿があった。U-15まで観戦に来られるとはさすがだ。


久しぶりの西が丘だったが、自転車で行ったのは初めて。交通量の多い道ばかり走ったのであんまり楽しくはなかったけれど、試合結果には大満足なのだった。自転車走行の記録は、また改めて。

|

« ボクシング・デイ | トップページ | 西が丘観戦ポタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/13227487

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯(U-15)準決勝:

« ボクシング・デイ | トップページ | 西が丘観戦ポタ »