« 伊豆でも早すぎる春 | トップページ | とほほのスカパー新セット »

2007/01/15

新体制に思う

FC東京の07年シーズン新体制が発表された。

発表日に伊豆でのんびりしていたせいですっかり乗り遅れてしまったが、一応、印象を書き留めておこう(シーズン終了時にどんな結果になったか比べられるしね~)。

阿部勇樹を獲得できなかったことについては、それほど落胆はしなかった。個人的に、東京ユニ姿の彼をどうしても想像できなかったのだ(同じアディダスの代表ユニは見慣れているのに。なぜか赤シャツ(笑)姿の阿部のほうがしっくりイメージできた)。でも、その報を伝えるトーチュウ様に「今オフでの補強終了を宣言」と載っていたことには、かなりガックリきてしまった。

チームを引っ張ってくれるベテランはいないのか~。DFの数も足りないぢゃないか~。ヒロミのあの宣言は口だけだったってことかよ~……というのが正直なところ。今年も若手中心、Jリーグの中のユースチーム、あるいは気分に左右されるぬるま湯チームになっちゃうのか~とね。

でも、昨日の会見文を読んだり、ネットで皆さんの意見を拾ったりしているうちに、次第に気持ちを切り替えられるようになった。というか、私はいったい東京に何を期待していたんだろう?とちょっと考え直してみたというところ。

補強をしまくって、一挙にビッグクラブになることを望んでいたのだろうか。でもサッカーの世界では、すべての補強がプラスに働くとは限らない。チームカラーも定まらない現状ではあるけれど、早急にすべてを変えることは必ずしも必要じゃないんじゃないか? それなら、再び前進を始めた東京とともに歩んでいくほうが楽しいはずだ。少なくとも、オフの補強でほとんど希望がもてなかった昨年よりは、今年のほうがずっとワクワクするのだから。

昨年も何度も書いたけれど、東京の選手たちは決してレベルが低いわけではない。実力をコンスタントに発揮できるメンタルさえあれば、もっと上に行かれたはずなのだ。だから、今年の課題は彼らのモチベーションとメンタルということになってしまうのかもしれないが、これほど具体的な解決策のない抽象的な課題はない。そもそも「性格を変えろ」と言われてあっさり変えられる人なんてまずいないわけだし。

「勝者のメンタリティ」が必要だといわれても、一朝一夕でできるものではない。勝ち続けることによってでしか育たないと思うし、勝ち続けるためには気持ちが必要だ。まるで鶏と卵みたいだが、相互作用でうまくまわっていけば選手たちも大きく飛躍してくれるはずだ。来日したばかりだけれど、ワンチョペにはサッカー界での大先輩としての役割も期待したいところだ。

いずれにせよ、今シーズンが「東京が常勝クラブになれるか否かの試金石」となる年であることだけは間違いないと思う。期待と不安は五分五分だけど、信じてしっかり見守っていきたい。もちろん、サポーターが成長することも必要だということも忘れずに。


……で、出ていった人に比べて、入ってきた人が少ないような気がするんですが、枠はまだ余っているんでしょうかね(よくわからない)。補強は本当に打ち止めなのかなあ(往生際が悪い!?)。

|

« 伊豆でも早すぎる春 | トップページ | とほほのスカパー新セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/13512280

この記事へのトラックバック一覧です: 新体制に思う:

« 伊豆でも早すぎる春 | トップページ | とほほのスカパー新セット »