« 節分祭@大國魂神社 | トップページ | 国立天文台へ行ってみた »

2007/02/06

またパンク!

2週連続でパンクしてしまった……といっても、今回はダンナの自転車だけど。

日曜日に青梅まで行ってその帰り、前を行くダンナの自転車の足元からスゴい破裂音がした。こりゃパンクだなと思ったら案の定パンク。それにしても、スゴい音がするものだ。ビックリしたよ。

原因は、たぶんつぶれた缶を踏んだこと。日没を過ぎて暗かったし、たぶん路面がよく見えなかったのだろう。で、近くのコンビニまで押していって、チューブ交換作業。……まではよかったのだけど、その後が予想外の展開に。

まず、タイヤが裂けている。さらに、いつもはメーター付のインフレータをもっているのに、この日に限って、長さ15センチほどの簡易版しかない。で、ダンナのホイールはディープリムで、チューブがロングバルブじゃないので、うまくハマらなくて空気がちっとも入らない。チューブ交換はお手のものだが、空気が入らなくては帰れない。お手上げ。

結局、コンビニでタクシー会社の電話番号を聞いて、ついでにゴミ袋とビニールテープも買って、タクシー呼んでご帰還ということに。私は自走して帰ったけど。自宅から5、6キロの場所だったので、近くてよかったよね。いろいろ勉強になりました。

ウチに帰って検証してみたけれど、タイヤの裂け具合は予想以上だった。チューブ交換して空気を入れてみたけれど、裂けたタイヤからチューブがはみ出してしまうので、まともな空気入れがあっても自走では帰れなかったような気がする。あるいは、チューブがはみ出さないほどにゆるゆるに空気を入れて、そろそろ走ってくれば大丈夫だったのかもしれないが、そのあたりはよくわからない。

パンクした場所がそれほど遠くではなかったこと、コンビニが近かったこと、タクシーの運転手さんが自転車好きだったこと(昔、自転車屋でバイトしていて、不要部品から1台組んだことがあるらしい。こんな運転手さんなんて、めったにいないような気がする!)などなど、不幸中の幸いがいろいろあって、大変に勉強になった。もう4年も乗ってるのに、トラブルが皆無だったからこの手の経験値はほとんどない。貴重な体験をしたな~というところ。

そばで見ていて、自分がひとりの場合だったらどうするだろう?と考えてみた。たぶん、タクシー利用かも(笑)。そもそも、先週の転倒以来、まだ右手の人差し指が痛くてまともに動かないので、作業そのものがムリ。北風がビュービュー吹いていて体感温度がかなり低く、タイヤも硬くなっていてぜんぜん力が入らないし。できないと判断したら、さっさと割り切るのも大事かも、なんて思ってしまったのだった。


◆追記◆
いざというときのために、タイヤの切れ端を用意しておくことや、チューブはロングバルブのものを買っておくことなど、アドバイスをいただいた。頭ではわかっていたような気がしていたけど、やはり実体験をすると違うね。次回からはちゃんと準備をしておこう。トラブルには遭いたくないものだが、遭わないとわからないこともあるということだ。

|

« 節分祭@大國魂神社 | トップページ | 国立天文台へ行ってみた »

コメント

ほかの人のブログで、
バーストしたときの対処法がありました。

その中で、取りも会えずも押し込んで、バースト部分をタイヤごと、
ガムテープでぐるぐる巻きにしてなんとか帰ることが出来たようです。

もっとも空気を入れられないのではどうにもなりませんので、
いっそのことチューブレスタイヤにしてみては(悪魔のささやき)

投稿: しと | 2007/02/06 18:16

しとさん、コメントありがとうございます。

小型軽量だけを売り物にした携帯用空気入れは使えないということがよくわかりましたので、次回からはちゃんとしたものを持っていくことにします。ホント、何事も経験ですねえ。

投稿: つぴぃ | 2007/02/06 18:39

私の場合、出発前の空気圧点検してない時にパンクする傾向にあるんです。つまり適切な空気圧が入っていれば異物を弾き飛ばすんでしょうね。
それと雨の翌日、道路端に集まっていた異物が路面に流れ出ている時かな。
程度の問題はありますが、タイヤのバーストした部分を内側からガムテープを貼って2ヶ月通勤に使った事があります。でも輪行中にガムテープなんて持ってないですよね普通。
携帯用空気入れは↓が便利です。
http://www.e-cycle.co.jp/goods/detail.php?id=1598&genre=2
千駄ヶ谷や立川のNしまフレンドにもう少しお安く&ボンベだけ売ってます。
ジャージの腰ポケットに余裕で入ります。

投稿: 愛し恋し青赤 | 2007/02/06 23:53

愛し恋し青赤さん、はじめまして&コメントありがとうございます!

何度か拝見したことはありましたが、自転車仲間でもあったとは~。これからもよろしくお願いいたしますです。

空気圧は重要ですね。以前、割れた瓶の破片を踏んでも大丈夫だったので、すっかりナメてましたが、パンクするときはするものですね。初パンクが先週で、2週連続なので、運命的なものを感じております。

ボンベは購入はしたのですが、試したことがないので、うまくいくかどうかわかりません。そのうち、練習のために1本使ってみます。

投稿: つぴぃ | 2007/02/07 01:51

トピークのマウンテンロケットはパンク修理に充分使えましたよ♪ ...といっても私のは20インチ車ですが。小さい割りによく入ると思うけど700Cとかだと厳しいでしょうね。それと携帯型でもフロアポンプ式のが使いやすいです。Mtロケットはそうじゃないのでちょっと使いにくいです。まぁ、見た目だけで買っただけですが(^^; (自転車の色がアルミポリッシュでお揃いっぽくなる)

投稿: mal | 2007/02/07 09:25

malさん、コメントありがとうございます!

ふだんはゲージもついた立派なフロアポンプ式のものをもっているのですが、たまたまチャチなものしかないときにパンクしたという……。バックアップをとっていないときにパソコンが逝ってしまったり、世の中はこういうものなんですねえ。

Mロケット、調べました。なるほど。新たに、ゲージはないけどフロアポンプ式に空気を入れられる携帯型も購入しました。いろいろなものがどんどん増えていきますが、これも仕方ないでしょう(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/02/07 12:27

こんにちは たまに拝見させて頂いてます
バーストの度合いにも因りますが ドロップハンなどの場合
バーテープ巻き終わりのビニールテープ多めに巻いてストックしてます
以前これを剥がし タイヤ内側から重ね張りして応急処置して帰宅しました。

投稿: ケンキチ | 2007/02/10 20:04

ケンキチさん、コメントありがとうございます!

なるほど、バーテープのところのビニールテープですね。いろいろなアイデアがあるものですねえ。参考にさせていただきます。ありがとうございます!

投稿: つぴぃ | 2007/02/13 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分祭@大國魂神社 | トップページ | 国立天文台へ行ってみた »