« 国立天文台へ行ってみた | トップページ | 「陸上自衛隊広報センター」 »

2007/02/08

練習試合(VS湘南)

湘南ベルマーレとの練習試合を見学してきた。

Rimg0002
↑試合前の風景


今年初の小平見学ということもあって、新体制・新加入選手への期待が強すぎたかな~というのが、観客としての第一の反省点(笑)。それほどに、東京は良くなかったし、おもしろい試合ではなかった……でも、開幕までひと月近くもあるし、ベストメンバーもそろっていないし、最初の対外試合らしいし、こんなものでいいのかも。この時点で完成したチームである必要はまったくないのだから。

試合は、予定より15分遅れでスタート。両チームのメンバーが並んで試合開始……と、ジャーンとルーカスがピッチの中央で握手、言葉をかわしている。ジャーンが黄緑色のユニフォームを着ているのがとても不思議に思えてしまう瞬間だった。

1本目。右SBに伊野波、CBに徳永、右に規郎、左に梶山(状況に応じて左右が入れ替わる)というのが目新しいところ。2トップはルーカスとワンチョペだけど、ワンチョペの1トップという気がしないでもない。GKは土肥。開始まもなく、湘南の10番、小さなブラジル人に見事なミドルを打たれて失点。その後も、湘南はきれいにボールをつないで攻撃の形をつくるし、ディフェンスもいい。湘南の20番もいいね~などと思ったりする。

対する東京は、な~んもいいところがない。ボールはつながらないし、トラップミスで相手ボールにしてしまったりで、どうしようもない。土肥のガミガミ言う声ばかりが空しく響く、「そういえば昨年もこんなだったっけ」みたいな東京だったよ。でも、選手たちは皆よく動いていたので、それはよかった点のひとつ。

ワンチョペは前線でひとり孤立していた。ボールが来ないのでは、仕方がないだろう。以前TVで見ていたころは「背が高くて華奢」というイメージがあったけど、ものすごく身体が分厚い人だね。試合前のシュート練習を見ていてもレベルが違ったし、彼をもっとうまく生かすことができたら、本当にすばらしい武器になるだろう。くれぐれも、ササみたいに「使いこなせなかった」で終わらせないようにしてもらいたい。

今野のフィジカルの強さと、たまに見せる福西(青赤ユニを着ているのが不思議)のボールさばきはさすがだと思った。徳永のCBは右SBよりもいいかも(慣れないポジションのせいか、マジメにやっているのがよかった)。

試合は30分ずつ。2本目は、福西に代えて栗沢、ワンチョペに代えて平山。2本目になると金沢(彼が普通に走っているだけで、何だかうれしい)のオーバーラップが多くなって、少しずつ形ができてくる。得点は、規郎がサイドに切れ込んでパスを後方の伊野波に送り、彼からのクロスに平山がヘッドで合わせた形。平山は動作は例によってのろく見えるけれど、体はずっとしぼれているように見えた。これが2本目の15分。

このゴールの直後、メンバーが平山・栗沢を除いてメンバーをごっそり交代。熱心なファンでないため、顔と背番号が一致しない選手もいたけど、そのうち覚えるだろう。ここでいいプレイを見せていたのが憂太。ひとりだけ別世界のキレキレぶりで、頼もしいことこの上ナシだった。

……とまぁ、2本目まで見たところで、北風も冷たいし、少しは自転車に乗っておきたかったので、撤収して多摩湖へ向かった。だから、3本目の失点は知らない。

今日の小平は混みあいそうだったので、折り畳み椅子持参で来たのだが、これが大正解。2本目まで見て帰ろうと思って後ろを振り返ったら、あまりにたくさんの人がいるのでビックリしてしまった。平日の小平でこんなに観客を見たのは初めて(1000人以上来ていたらしい!)。これだけの観客を集めてあの内容では、いくら開幕前の練習試合でもちょっと情けないかな。

いずれにせよ、両チームとも怪我人が出なかったようで何よりだ。清水に移籍した戸田をはじめ、どうも最近練習試合での怪我人が多すぎるようで、心配だったのだ。練習試合とはいっても、対戦相手を選ぶことは重要だね。湘南さんとは何度も対戦しているし、交流もあるから、お互いいい練習相手なのではないかと思う。

さて、これから宮崎キャンプをへて、2週間後には味スタでも練習試合があるわけだが、そのときにはもう少し形になっていてほしいものだ。幸いにも時間はまだたっぷりあるので、しっかりとチームをつくっていってほしい。

|

« 国立天文台へ行ってみた | トップページ | 「陸上自衛隊広報センター」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立天文台へ行ってみた | トップページ | 「陸上自衛隊広報センター」 »