« 「クリスマス亭」でランチ | トップページ | シダレアカシデを見に行く »

2007/03/22

前半だけは理想的

Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選グループリーグ 磐田VS東京は2-2のドロー。


フジテレビ739で見ていたのだが、前半が終わった段階では「ついにアウェイで磐田に勝てる日が来たか!」と楽しくて仕方がなかった。ボールがきれいにまわって、見ているだけでワクワクした。青島アナ実況はふだんは好きではないのだが、青島&風間コンビが東京をベタ誉めしてくれるのもうれしく(藤山をきちんと評価してくれていたし)、ハーフタイムに入った瞬間に「タイムスリップ機能」で試合を見直しはじめてしまったくらいだった。

ところがところが、後半に入るとなぜかボールを支配できなくなってしまう。メンバーも代えていないし、やりたいことは変わっていないと思うので、磐田の修正が効を奏したか、東京の選手が疲れてしまったか(たぶん両方)ということだろう。栗澤→梶山、ワンチョペ→平山という交代も、目立った効果はナシ。

同点に追いつかれてからは、「またも終了間際に負けてしまうのか!?」とハラハラしてしまう試合展開。第三者として見ていたら、目まぐるしく攻守が入れ替わっておもしろかったかもしれないけれど、東京ファンとしては気が気ではなかった。終わってみれば「ドローで終われて(負けなくて)よかったよ」という結果。だからサッカーはわからない。


「どうして前半の好調さを維持できないのか!?」「選手交代が裏目に出るように見えるのはなぜか」などなど、文句を言いたいところはあるけれど、ここは楽しかった前半を素直に評価したい。公式戦は4試合目でなかなか結果が出なくて、この日も結局引き分けだったけれど、少しずつ「やりたいサッカー」ができるようになっていると思うから(ま、昨年もそう思い込み続けて、ずーっと裏切られっぱなしだったんだけどね)。

ワンチョペのゴールはやはりうれしかった。ルーカスの思いやりあふれるお膳立てがあったからこそのゴールだけど、とにかくFWはゴールを決めるのが大事(平山もね!)。ちょこちょこミスもあったけれど、ボールあしらいや柔らかい動きや独特の走り方を見ているだけで、ワクワクさせてくれる選手。練習試合じゃなくて公式戦で使ってこそ輝く選手だと思うので、もっともっと使ってほしい。ワンチョペほどの選手であれば、ピッチの中でJリーグのサッカーや雰囲気やジャッジを吸収して生かしてくれるはずだし。

今野&福西という「J最強ボランチ」も、やっと機能しはじめたようだ。日曜日はイマイチだった今ちゃんも、代表に選ばれずに奮起したのか(オシム監督は相変わらずモチベーションの上げ方がうまい。あんなコメントを出されたら、もっとJで頑張らなきゃ!と選手は思うに違いない)、1ゴールを含めすばらしいプレーの連発。福西さんもアシストを含め、本当にホレボレする技を見せてくれた(昨年までは憎らしいほど嫌いな選手だったのに、今や愛してしまうくらい(笑)ですよ)。


さて、日曜日は大分戦。ホーム未勝利の汚点はさっさと払拭してほしいものだ。ホームで勝ってくれるのなら、どんな内容でもかまいませんよ。宮沢は出るのだろうか&ゴール裏の反応はどうなのか?という興味はあるけれど、最優先はホームでの勝利。ナビスコだし、天気も悪そうなので、お客さんの入りはよくないと思うけれど、とにかく絶対勝たないとね!

|

« 「クリスマス亭」でランチ | トップページ | シダレアカシデを見に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14348863

この記事へのトラックバック一覧です: 前半だけは理想的:

« 「クリスマス亭」でランチ | トップページ | シダレアカシデを見に行く »