« パンクの連鎖はつづく | トップページ | 突き指治らず »

2007/03/13

埼スタは遠かった

大宮VS東京の試合を観戦するため、自転車で埼玉スタジアムへ行ってきました。

Rimg0012_4
↑さすがに味スタよりデカい


距離にして約40数キロ。往路は自走、復路は輪行(東川口駅から武蔵野線)を想定し、小径車で出かけました。ルートは、遊歩道や川沿いの道をフル活用したもの。実走してみての感想は「なかなかいいコースだったかも」。でも、誤算は「時間がかかりすぎたこと」でした。


自宅を出たのはキックオフ3時間前。のんびり走っても時間内には到着するはずだったのですが、初めての道を走るときにはさまざまな困難がつきものだということを忘れておりました。要所要所でルートを確認したり、思っていたような道ではなくて戻って別の道を探したりしているうちに、時間はどんどん過ぎ去り……。しまいには「もう間に合わん!」とあきらめてのんびり行くことにしたので、精神的にはかえってよかったのですが。


まず最初の大誤算は、秋ヶ瀬公園への道を間違えたこと(笑)。せっかく坂や車が少ないルートをコメントで教えていただいたのに、結局試すことができませんでした。これですっかり予定が狂ってしまい、その後は推して知るべし。


とりあえず、文章で簡単なコースを記しておきますね(リクエストがあればALPSLABでもつくりますが、埼スタへ自転車で行く人はさすがにいないかな(笑))。

Rimg0006_5
↑秋ヶ瀬緑道。中浦和駅付近


まずは「秋ヶ瀬橋」から「秋ヶ瀬緑道」へ。途中、国道17号線を越えるために歩道橋を登ったりもしますが、この道をのんびり行けば「中浦和」駅付近へ着きます。ここから少し走って「花と緑の散歩道」へ。真ん中が遊歩道で、その両側に車道がつくられており、車も少なく車道を快適に走れるなかなか良いコースでした。この道を走れば「武蔵浦和」駅付近へ行くことができます。

Rimg0008_4
↑「花と緑の散歩道」。高架はたぶん埼京線


続いては、一般道を使って「南浦和」駅を目指します。一般道ではありますが、車道も歩道も幅が広く、ほとんど車の恐怖を感じずにすみました。それにしても……武蔵野線に乗っていても思うのですが、この「浦和」付近の駅名、もう少しなんとかしてほしいものです(笑)。今回「中浦和」「武蔵浦和」「南浦和」の3駅を目印にしたのですが、「何浦和だっけ?」と混乱してしまったりして。ほかにも、秋ヶ瀬橋の最寄駅の「西浦和」や「北浦和」、本家本元「浦和」もあるんですよね。ま、駅名で方角がわかるのでありがたいという意見もあるでしょうが……。

Rimg0010_2
↑藤右衛門川の調整池は上谷沼運動広場になっている


ともかく「南浦和」駅付近までたどり着いた後は「藤右衛門川」をめざし、この川沿いに行けば「芝川」」に合流することができます。予定では「芝川」沿いの道をさかのぼれば目的地のすぐ近くへ到着……するはずだったのですが、なかなか理想通りにはいかないもの。芝川の土手はオフロードだったのでした。もっとも、しばらくは川沿いの一般道を走っていられたのですが、やがてその道も途切れてしまい……。

Rimg0011_1
↑芝川との合流地点付近の藤右衛門川はドブ川だった


その後は無理やりオフロードを走ってみたりもしましたが、結局途中で前に進めなくなってしまい(もしかしたらこのときにパンクしたのかも)、結局、少し戻って道を見直し「見沼代用水」沿いを走ることになりました(ここでまた時間をかなりロス)。芝川のほうが川幅も広いので、川沿いの自転車道があるような錯覚を起こしてしまうのですが、見沼代用水沿いには「緑のヘルシーロード」が敷設されており、実に快適な舗装路を走ることができるのです。これも実際に走ってみるまではわからなかったなあ。


それまでのろのろ走ってきたのですが、ここまで来れば一気にスピードアップ。川(というか用水路ですが)沿いの道を快適に進み、一気に埼スタをめざします。しかし周囲の風景は実にのどかというか殺風景。数キロおきに公園がありますが、あとは見渡す限りな~んにもない風景が延々と続きます。人も車も、自転車乗りもほとんど見かけず、私のような小心者がひとりで走るには怖いくらい。いやはや、埼玉は広いですね。


「緑のヘルシーロード」を走るのは「総持院橋」という小さな人道橋まで。橋を渡って道なりに進むと、風景は一挙に農村のものとなります。萱葺き屋根の蔵などをながめながら、車一台がやっと通れるほどの狭い農道をくねくね進むうちに、広い車道が見えてきて……突然、恐竜のように、というよりも巨大UFOといったほうがいいか……「埼玉スタジアム2002」が姿を現すのです。なんだかすごいギャップ。


今までは「浦和美園駅→埼スタ」の一本道以外を通ったことがなかったのですが、こうして埼スタ周辺を自転車でまわってみると、いろいろな発見があって楽しいものでした。埼スタの敷地はめちゃくちゃ広いな~とか、「東川口」駅へ行く途中のイオンのショッピングセンターはバカでかいな~とか、昔はこのあたりに何があったんだろう?(あまりにも広いもので)とか、さまざまな驚きやら感想やら疑問やらが浮かんできたりして。


残念ながら、気力が尽きてしまって埼スタ周辺の写真は撮っておりません。道さえ覚えてしまえば快適なコースなのでまた走ってみたいものですが、はたして再走する機会があるかどうか。次回の埼スタは8月の浦和戦ですが、炎天下を走って超アウェイへ行く気力を保てるかどうかが勝負となりそうです(でも、意外と行っちゃうかも……自転車で行けば、赤い人だらけの電車に乗らないですむし)。


なお、秋ヶ瀬公園~芝川までは「埼玉・千葉自転車散歩」を参考にしました。距離はそれほどでもありませんでしたが風が強く、花粉を全身に浴びて6時間以上も外にいたもので、翌日まで目が大変でございました。この季節は本当に困りますね~。

|

« パンクの連鎖はつづく | トップページ | 突き指治らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14246163

この記事へのトラックバック一覧です: 埼スタは遠かった:

« パンクの連鎖はつづく | トップページ | 突き指治らず »