« TVでもJ漬け | トップページ | 多摩湖の桜の開花は? »

2007/03/19

恥:ホーム2連敗

Jリーグ第3節 東京VSジュビロ磐田は0-1で東京の敗戦。これで1勝2敗で、ホーム2連敗。

Rimg0073_1
↑寒い寒い寒い味スタの夕暮れ。北風が身にしみる


「ホームで負けてんじゃねーよ!」と悪態をつきたいのは山々なのだが、初戦よりも悲観的にはならなかった。冷静に見れば「勝負は時の運だし、こういうこともあるよね」という内容だったから。サッカーではたぶん勝っていたけれど、勝負では負けた。

「内容は悪くなかった」というのは初戦以来の言い訳で、今回も通用するけれど、それを言い続けて降格することだってある。何度も書いているけれど、「内容が悪くても勝てる」ようにならなければ、優勝争いをするチームにはなれない。ホームで勝てないチームを見るために、わざわざ金を払う客はいない。


試合の序盤は、良く言えば「慎重な」、悪くいえば「臆病な」試合運び。だが次第に東京がペースをあげてきて、いい攻撃をつくれるようになっていく。東京の試合といえば「最初はガンガンいくが、はずしまくった挙句に尻すぼみになり、カウンターでやられてしまう」というパターンが多いだけに、こういう試合運びができるようになったのかとちょっとうれしいような気分になった。

その「いい流れ」が切れてしまったきっかけが、磐田の選手が退場になったこと。ヒロミ時代のサッカーといえば「10人の相手にやられる」というのがお約束だったのだが、ヒロミが戻ってきたらその悪い癖まで戻ってきてしまった(笑)。それでも前半は何とかなっていたけれど、後半の選手交代からどんどん悪くなっていく。

磐田に1失点したのは「運が悪かった」のかもしれないけれど、負けたのは得点できなかったからだ。ひとつにはヒロミの采配(選手交代)がまったく機能しなかったこと。機能していた両サイドを削ってFWばかりを大量投入したのがよかったのかどうか。スカパーで敗戦の弁は見たけれど、「疲れている」のがわかっている平山をまたも使うあたりなど、どうにも学習しているとは思えない。ウチにはFWがたくさんいるのに、なぜ平山にこだわるのか、理解に苦しむ。

得点できなかったのは、川口がナイスセーブを連発したせいでもある。川口があまたの危機を防いだのに対して、土肥は一度の危機を防ぐことができなかった……というだけか。久々に「すばらしい川口」を見られたのはよかったけれど、こういうのは日本代表のときだけにしてもらいたいものだ(笑)。

さて、「フィットしてない報道」ばかりが先行したワンチョペだが、能力の片鱗が見られて楽しかった。彼はササ同様に「本番でこそ魅せる選手」なのかもしれない。だとしたら、疲れている平山ばかり使わないでワンチョペを出してほしいなあ。ワンチョペが出ると、周囲の子供らが「わんちょぺわんちょぺ~!」と楽しそうに名前を絶叫するので、こっちも楽しくなるんだよね。

福西さんは相変わらずすばらしかったけれど、今野はあまり調子がよくなかったように見えた。特に、キャプテンマークを落としたあたりからミスを連発したりで、彼らしくなかったね……。


ともかく、気を取り直して、次だ次。中2日でまた磐田戦だけど、2連敗はカッコ悪いので何とかするよーに。東京でいい知らせを待っていますよ。

Rimg0067

あ、この日の収穫は「ハローキティ勝つサンド」ね。頑張って早く行ったかいがあったよ。勝てなかったけどさ……。

スカパー中継、川勝さんのヒロミへのインタビューというのは何だかシュールでおもしろい映像だった。ヒロミも解説者らしく、他人事のように分析していたし。3時間分録画したけど、「吉本君の小平紹介」以外は消去だな。

|

« TVでもJ漬け | トップページ | 多摩湖の桜の開花は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14310487

この記事へのトラックバック一覧です: 恥:ホーム2連敗:

« TVでもJ漬け | トップページ | 多摩湖の桜の開花は? »